韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  WTO敗訴濃厚の韓国、8年ぶりに福島産水産物輸入再開か

WTO敗訴濃厚の韓国、8年ぶりに福島産水産物輸入再開か

韓国政府による福島近辺の水産物輸入禁止措置に関連、世界貿易機関(WTO)が来月11日にこの措置を「WTO協定違反」と最終判断する可能性が高いことが10日、分かった。WTOの紛争審判は二審制で、昨年2月のパネル判定(一審)に続き、今回の上訴機関判定(最終審)で韓国政府が敗訴すれば、年内にも福島近辺の水産物の輸入が8年ぶりに再開される可能性が出てくる。

ソウルの外交消息筋は「昨年4月に韓国側が提起した上訴の最終判定日をWTOでは来月11日と定め、このほど韓日政府に通知した。韓国側敗訴の可能性が高い」と語った。敗訴した場合は約3-15カ月の移行(猶予)期間を経て、これまでの輸入制限措置は解除しなければならなくなる。

外交関係者の間では「強制徴用問題、和解・癒やし財団問題、自衛隊哨戒機レーダー照射問題で悪化の一途をたどっている韓日関係が、新たな悪材料に見舞われた」という懸念が出ている。強制徴用賠償関連でも、日本のメディアは同日、「被害者側が韓国国内で差し押さえた日本企業の資産を売却すれば、日本政府は関税引き上げなどの対抗措置に出ることを検討している」と報道した。

スポンサードリンク
韓国政府は、2011年3月の福島原発事故直後、同地域産水産物の輸入を規制し、13年9月には福島近隣8県の水産物輸入を全面禁止する特別措置を実施した。日本は15年5月に「このうち水産物28種の輸入禁止などはWTO協定違反」だとして提訴、昨年2月の一審でWTOは日本に軍配を上げた。「韓国の包括的禁輸措置は必要以上に貿易制限的だ」というのが理由だった。
http://www.chosunonline.com/

東日本大震災から6年目となる。韓国は放射能汚染を恐れて、いまだ福島産水産物輸入を実施していない。自国の放射線量が高まる中で、反日行為とも取れる動きは、何とも近隣国としてあるまじき行為と言える。当時震災発生時にいち早く救助活動を実施した韓国だが、原発事故を聞いたとたんに撤退した連中である。不利な状況を聞くとすぐ逃げ出す連中には呆れる。挙句に8年も輸入再開をしていないわけで、福島復興を踏みにじる行為が続き、一時は放射線量問題で大騒ぎであった。今では自国の海は汚染され、周辺地域は放射線によるがんの発生率が高く、司法はそれを認める判決を出している。原発の定期点検や部品交換を隠蔽し、放射線を漏らし続けてきた原発である。韓国農産物のほうが危険だろうと思うが…。

関連記事

[ 2019年03月11日 09:43 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp