韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  金正恩に非核化意思なし、トランプ大統領もハノイで理解

金正恩に非核化意思なし、トランプ大統領もハノイで理解

2月末にベトナムの首都ハノイで開かれた第2次米朝首脳会談で、米国のドナルド・トランプ大統領(写真)は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長に非核化の意思がないことをようやく理解したという。ワシントンのある外交消息筋が13日(現地時間。以下同じ)に伝えた。 金正恩委員長の非核化の意思が真剣なものかどうかについて、ホワイトハウスのジョン・ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)やマイク・ポンペオ国務長官などトランプ大統領の中心的な北朝鮮政策ブレーンは、既に懐疑的な見方を示していた。

トランプ大統領自身には「もしや」という期待が少しはあったが、ハノイでの金正恩委員長の反応を見て、完全に期待を捨てたという。ブレーン陣は皆理解している事実をトランプ大統領が初めて受け入れたのが、ハノイの最大の成果だ-と複数の消息筋が伝えた。 決定的な契機は、制裁解除と寧辺核施設を巡る金正恩委員長の態度だったという。金正恩委員長はハノイで、トランプ大統領に対し、制裁を解除してくれるよう強く要求した。ある外交消息筋は「米国側は、制裁解除はできないという立場を実務会談で北朝鮮側へはっきり伝えていたにもかかわらず、金正恩委員長が第2の代案すら準備しないまま首脳会談で制裁緩和ばかり押し付けてくるのを見て、かなりいぶかしく思った」と伝えた。

スポンサードリンク
北朝鮮側が、トランプ大統領はこのところ米国内で政治的な危機に直面しているとみて、トランプ大統領にとっては「外交的成功」が必要な状況だから金正恩委員長の要求を簡単に聞き入れるだろうと錯覚したこともあり得る、というわけだ。
http://www.chosunonline.com/

北朝鮮情報として、どこまで正しいのかわからないのが韓国メディアだから困る。日本のTVニュースでは、金正恩は段階的非核化に対し、見返りに制裁解除を求めたという事だ。しかしトランプは制裁解除の条件として、全面非核化の実施であるから、意見の違いは明確だ。引き続き協議は続けるとしているが…。トランプがいくら実績がほしいからと言って、記事にあるような内容とは微妙にニュアンスが違う。正しく報じてほしいものである。

非核化を全面的に実施すれば、米国に変化が起きた時に自国防衛は無くなるわけで、そもそも非核化はないというのが私の答えとなる。トランプは今まで決められなかった理由を知ったことになる。この時点で、韓国に対する態度も明確となる。在韓米軍の役目も明確となり、トランプは韓国から、在韓米軍の負担金を上乗せてくるだろう。日本も喜んではいられない。現段階では、在韓米軍は在日米軍とともに二重で日本を守っている役目もある。在日米軍の負担金も日本の安全確保分を上乗せるだろう。トランプの戦略ともいえる。

関連記事

[ 2019年03月15日 18:54 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(1)
韓国と国連
>金正恩に非核化意思なし

それは事前に分かっていたようだ、開放経済を金正恩にやんわりと
提案してみたが、もちろん乗ってこない、トランプのマッチポンプは
北の脅威をそのまま置いて、韓国日本で防衛ビジネス続けることだ、
もうひとつ、米国が分かっているのは、北朝鮮経済制裁に邪魔なのは、
韓国と国連、なので国連にお金を出さない、
[ 2019/03/15 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp