韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  李克強総理、「中日韓FTAの推進は3カ国のいずれにとっても利益」

李克強総理、「中日韓FTAの推進は3カ国のいずれにとっても利益」

第13期全人代第2回会議は15日午前に閉幕を迎え、閉幕後に、李克強総理が人民大会堂の金色ホールで記者会見を行い、国内外の記者たちからの質問に答えた。

李総理は日中韓自由貿易協定(FTA)に関する質問に、「中日韓サミットメカニズムの発足から今年で20年目になる。中国側は議長国として、日韓と共に会議の議題を協議している。議題には中日韓FTAの推進が含まれるべきだと考えている。とりわけ世界的に保護貿易主義が台頭している現在、中日韓FTAを推進し、包括的で高水準かつ互恵的な協定を結ぶことは、3カ国のいずれにとっても利益となる。現在、日韓共に対中貿易が比較的大きな黒字となっているが、それでもわれわれは平等な競争を行い、消費者の選択肢を増やすことを望んでいる。この過程において強みによる相互補完が実現され、各国が利益を得ると私は信じる。中日韓FTAとRCEPのどちらが先に妥結するかについては、各国の努力を見る必要があると思う。どちらが先に妥結しても、中国側は歓迎する」と述べた。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
現在,日本と米国,中国と米国,日本と中国の間にはFTAが締結されていない。また米中貿易戦争の可能性について議論されている。日中韓の間では日中韓自由貿易協定(FTA),東アジア地域包括的経済連携(RCEP)などの経済統合や,一帯一路という経済協力が交渉中だ。日本は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や自由貿易協定(FTA)などの協定を通じ、国家間の貿易を促進しようとしている。数年前から日本、中国、韓国の3カ国によるFTA締結に向けて協議がなされているが、第9回会合でも日中韓の協議は合意に至っていない。

2016年中国メディアは、「日中韓FTAの交渉はなぜ進展が遅いのか」と疑問を投げかけた。その理由として「韓国が市場を失うことを心配しているから」と論じている。自由貿易協定(FTA)とは、農作物や自動車などの輸出入時の関税や制限を撤廃、削減することを定めた協定だ。中国と韓国はすでに二国間のFTAを締結、2015年末に正式に発効となったが、日本は中国、韓国いずれとも妥結に至っていない。日本の専門家は、日本企業は日中韓FTAに非常に積極的」としながらも、日本企業が韓国市場に参入することを韓国が懸念していると主張している。韓国が日中韓FTAに対して積極的になれば、協議は順調に進展する可能性があるが、協議が遅々として進展しない原因は韓国にあると指摘する。

一方で、日中韓FTAが締結されれば、日本にとっては市場規模が広がり経済的メリットも多いが、安価な中国製品が今まで以上に日本に入ってくるこ懸念がある。

関連記事

[ 2019年03月16日 08:58 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp