韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本、「非核化交渉の中断を考慮中」北朝鮮外務次官の発言に「ノーコメント」

日本、「非核化交渉の中断を考慮中」北朝鮮外務次官の発言に「ノーコメント」

北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が外信との会見で「米国との非核化交渉の中断を考慮中」と明らかにしたという報道を受け、日本政府は15日論評を自制して慎重な態度を見せた。 河野太郎外相はこの日、記者会見で関連質問を受けて「コメントを控えたい。そのような発言に対して日本政府が一つひとつ反応する必要がないと考える」と答えた。

菅義偉官房長官も定例記者会見で「日本政府は普段から(北朝鮮の動きなどに対して)重大な関心を持って情報を収集・分析しているが、(北朝鮮側の発言)一つひとつコメントするのは控えたい」と述べた。同時に、「核とミサイル、拉致問題など懸案の包括的な解決のために関係国と緊密に協力していきたい」という既存の立場を再確認した。 時事通信など日本のメディアはこの日昼12時30分ごろから関連外信の内容を緊急報道した。

NHKは「先月末、ハノイ米朝首脳会談が事実上決裂した中で、北朝鮮が米国への強い不満を募らせ、『交渉の中断も辞さない』という強硬な姿勢を示すことで揺さぶりをかけようとする思惑があるようだ」と分析した。

スポンサードリンク
共同通信は「米国けん制用である可能性もあるが、実際に非核化に逆行する行動を取ったり、そのような兆候を見せたりする場合、米朝間緊張が再演する恐れがある」と報じた。
https://japanese.joins.com/

2019-03-06-k001.jpg

北朝鮮の崔善姫外務次官は15日、平壌で記者会見し、2月末にベトナムで開かれた米朝首脳会談での米側の非核化要求は受け入れられないとの立場を表明し交渉中断を警告した。金正恩朝鮮労働党委員長が今後の対応について近く声明を発表するとしている。北朝鮮では北西部、東倉里でミサイル施設復旧の動きも表面化、関係国が動向を監視している。

北朝鮮は、アメリカからの要求に対していかなる譲歩をするつもりもない。また、これについて交渉するつもりもないと強気の構えだが、裏では中国やロシアの存在もある。また韓国は北朝鮮の運び屋となり、物資の供給を実施しているわけで、トランプから強い懸念が出るだろう。だが、トランプと金正恩が互いに語り合ったことは、大きな努力ともいえるわけで、今までの2回の首脳会談は前座に過ぎないと考える。互いの駆け引きはこれからとなる。

関連記事

[ 2019年03月16日 09:13 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp