韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  金正恩は「通貨危機」を心配することになる

金正恩は「通貨危機」を心配することになる

2017年の北朝鮮の輸出は前年比で40%減少した。その結果、北朝鮮の国内総生産(GDP)はマイナス3.5%となり、「苦難の行軍」当時の1997年以降で最低を記録した。18年の北朝鮮の輸出は88%減少した。GDPはマイナス5%を記録したと分析されている。第2の苦難の行軍を懸念する北朝鮮内部の声は尋常ではないはずだ。北朝鮮は閉鎖経済だというが、GDPに占める貿易の割合、すなわち貿易依存度を50%とみる専門家もいる。世界平均は60%だ。金正恩(キム・ジョンウン)が政権を掌握して以降、北朝鮮も貿易と市場で生計を立てる国になった。

北朝鮮の外貨準備高は正確には分からない。年間の貿易規模が60億-70億ドルであることからみて、70億ドルを超えることはないとみられる。50億ドル前後ではないかとの推定が大勢だ。北朝鮮は17-18年の貿易赤字で30億ドルを使い果たした。最近金正恩は平壌の高層ビル建設と元山、三池淵の観光開発に巨額の外貨を投じた。まだ工事が進んでいる。これでは金庫が底をつく。金銀などを密輸したり、「忠誠資金」の献上を共用したりしても、出ていく外貨を埋め合わせすることが難しい。北朝鮮の金庫が無尽蔵ではない以上、制裁が緩和されなければ、2-3年で通貨危機に直面する可能性が高いというのが経済専門家の見方だ。

スポンサードリンク
ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の言葉通りに「最大限の圧力」を続ければ、金正恩に「本当の衝撃(real impact)」を与えることができる。制裁に関する限り、時間は金正恩に味方しない。ハノイでトランプ大統領が北朝鮮経済強国論を展開し、「急がない」と述べた際、金正恩は「時間がない」と発言した。
http://www.chosunonline.com/

それよりは韓国通貨危機を懸念する声のほうが次第に大きくなっているが…。韓国が08年と11年に通貨危機を回避できたのは、日米両国が韓国にドルを融通したことが大きい。逆に97年の通貨危機では、米韓関係が悪化していたため、米国は日本にもドルを貸さないよう指示し、韓国はIMFに救済される不名誉を背負った。今では米国のトランプ大統領は韓国の文大統領が北朝鮮の核放棄を待たずに経済支援を急ごうとする姿勢を批判している。米政権内では米韓同盟の打ち切りを主張する声も出ている。一方、日本は現行の異常な反日を考えれば韓国は論外だろう。

現在、文政権の支持率は低迷し、その最大の原因が景気低迷となる。さらに上記に指摘したように通貨危機の可能性もある。韓国が景気低迷しているうちに、北朝鮮の経済成長がもし進展すれば、南北経済の逆転現象が現実のものとなることも考えられる。それは、社会主義国の中国、ベトナムが急成長をした例からも否定はできない。今後の金正恩の動き次第となる。

関連記事

[ 2019年03月17日 09:00 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp