韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  四面楚歌の文在寅大統領

四面楚歌の文在寅大統領

この春、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が四面楚歌(そか)の状態となっている。文大統領の味方はどこにもいない。ほぼ門前払いの状況だ。PM2.5をはじめとする粒子状物質が猛威を振るった先週、文大統領は「中国と協力案を用意せよ」と指示した。ところが、中国外務省報道局長は「科学的根拠を示せ」とコメントした。文大統領は「韓中両国が協力できるようにせよ」という公式に発言をしたが、中国の習近平国家主席がこれに反応を示すどころか、一介の外務省報道局長がしかり飛ばし、突き放したのだ。韓国大統領が「共助」を口にしたのに、中国外務省報道局長が「根拠を出せ」と言ったのだ。韓国の一般国民ですらきまり悪く苦々しいのに、韓国大統領府にしてみれば言わずもがなだ。

ベトナム・ハノイで行われた米朝首脳会談が決裂した翌日、文大統領は「金剛山観光と開城工業団地事業再開案も米国と協議する」と言った。ところがその数日前、米国務省当局者は、北朝鮮・東倉里のミサイル発射場に関する質疑で、ある記者から「金剛山観光と開城工業団地事業に対する制裁免除を検討しているか」という質問を受けた。すると米国務省当局者は一言、「ノー(No)」と答えた。この当局者は匿名を前提に記者会見したので実名は明らかにできないが、韓国でもよく知られている人物だ。文大統領が金剛山観光・開城工業団地事業再開を「協議」すると言ったのに、次官補クラスのこの米国務省当局者は何の説明もなく一言で「ノー」と黙殺した。恥ずかしいことだ。

スポンサードリンク
金委員長は、文大統領がトランプ大統領に対抗するのではなく、トランプ大統領を説得して動かしてほしいと思っている。文大統領がそうした力をなくした瞬間、金委員長は文大統領に見向きもしなくなるだろう。文大統領は、トランプ大統領と金委員長のどちらか一方の信頼を失えば、もう一方も離れていくという現実を直視しなければならない。
http://www.chosunonline.com/

米国が文大統領に米朝の仲裁役に期待しても、北朝鮮に核を放棄するよう説得するのではなく、対北朝鮮制裁を解除へ動いた。挙句に制裁緩和の物資を北朝鮮に渡している。対北朝鮮制裁が先でなければ手順が逆となる。文氏は北朝鮮にフッ化水素を渡している。北朝鮮の核開発に使用するものだ。これにより日本は半導体に使うフッ化水素を制限或いは止めていると言う情報もある。いずれにしても北朝鮮のほうを向いたまま、米朝の仲介役ではなく、北朝鮮制裁解除マンとして動いている様では論外と言える。文氏を信用する国はない。自身で自国経済を低迷させ、税金を投入し、増税を実施し、韓国社会はさらなる消費低迷状態だ。それでも北朝鮮と米国が融和となる様に努力すると語っている、手のつけようが無い。日本へは異常な反日で敵国扱いとなり、同盟国の米国のいう事に耳を貸さない。今の韓国はどの国からも信頼はない。

関連記事

[ 2019年03月17日 09:21 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
どういう途中決着
韓国大統領の任期は 5年、文在寅は2017年に就任して、
2022年の任期末まで残り3年、まだ折り返し点まできていない、

文在寅大統領の任期は2022年、
任期半分の折り返し点に届く前に息切れしそうだ、
この無策大統領にどういう途中決着があるのだろうか、

国会の大統領弾劾訴追による大統領権限停止が2名いる、
(盧武鉉、朴槿恵)
文在寅を訴追するなら、「国家保安法」だろう、しかし
そうなると、支持派と反支持派の武力闘争が起こる、
アフリカで見られる国家レベルの部族闘争のようなパターン、
[ 2019/03/17 13:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp