韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国大陸の液晶ディスプレー用偏光フィルター市場で日本と台湾が激烈な争い

中国大陸の液晶ディスプレー用偏光フィルター市場で日本と台湾が激烈な争い

2018年後半から品不足状態になった中国大陸の液晶ディスプレー用偏光板市場をめぐって、日本と台湾のメーカーの争いが激烈化している。中国メディアの参考消息が2019年3月16日付でSNSを通じて報じた。 偏光板は液晶ディスプレーに欠かせない部品だ。液晶ディスプレー製造に占める偏光板のコストは10%前後で、偏光板製造ビジネスは利益率が高いという。

中国大陸部では、液晶ディスプレーの製造量が増えるにつれ偏光板に対する需要も高まって、ここ数年は需給バランスが緊張するようになった。2018年後半には品不足が鮮明になり、価格も上昇した。台湾メーカーの誠美材料は最近になり、大陸の液晶ディスプレー製造業者に対する偏光板の出荷価格を5%~10%引き上げた。それでも大陸での品不足は続いており、再値上げの可能性もあるという。

目下のところ、偏光板の製造能力が最も高いのは日本の日東電工、住友化学、韓国のLG化学の3社で、それに次ぐのが韓国の三星SDI、台湾の誠美材料、明基材料の3社だ。

スポンサードリンク
うち、台湾の誠美材料と明基材料は価格競争力と地理上の優位さを生かして、大陸において日本の日東電工と住友化学に取って代わろうとしている。 大陸側の偏光板製造も盛んになり、三利譜、盛波光電が「競争に参加」する可能性が出ているという。 2017における中国大陸の偏光板市場規模は150億元だったが、2021年には300億元(約5000億円)にまで拡大するとみられている。
https://www.recordchina.co.jp/

偏光板は主にTFT-LCDやOLEDパネル向けに使用され、2017年度の偏光板全体市場のうちTFT向け偏光板は約98%を占める。そのほかTN-LCD向け・STN-LCD向けにも使用される。TFT-LCDやOLEDパネルは、LCD TVのほかにモニターやノートブックPC、SmartPhone、Tablet PCなどの中小型モバイル機器の主要パネルとして使用され、これらの用途向けに様々なタイプの偏光板が採用されている。

2018年度には、偏光板全体の世界生産量は5億㎡を越える見込みである。中国パネルメーカーの新規LCD生産ラインの稼働が本格化したことで、中国パネルメーカーで生産されるTV画面のインチサイズ拡大が偏光板生産量の大きな支えとなり、成長が続いている。円偏光板は、日東電工、住友化学。 位相差板(λ/4板、λ/2板) 日東電工(内製)、日本ゼオン、帝人、大日本印刷、富士フイルム、コニカミノルタとなる。 私が在籍した部品企業の部材カッティング工場で、位相差板や、偏光板のカッティングを実施した。その時にLG電子が来社し、スマホの受光素子部に取り付ける偏光板カットで来社した。結局図面が悪く、取り付け部材もダメで、アドバイスだけで受注は断った。

関連記事

[ 2019年03月18日 08:21 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp