韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  折り畳みスマホで競う中国と韓国、カギはディスプレーの供給

折り畳みスマホで競う中国と韓国、カギはディスプレーの供給

2019年3月14日、中国メディアのMC手機聯盟は、「中国と韓国が折り畳みスマホで競うなら、ディスプレーの供給がカギとなるだろう」と予想する韓国・亜洲経済の記事を紹介した。

記事は、「ファーウェイ(華為技術)はディスプレー供給問題で、5G折り畳みスマホの量産計画が影響を受ける可能性がある」と紹介。ファーウェイは先月開催された世界最大級のモバイル見本市MWC2019の前日に、5G折り畳みスマホのMate Xを発表したが、発売日はいまだに未定だという。Mate Xは今年前半には発売されるとの情報があったが、折り畳みスマホの核心部品である「折り畳み式ディスプレー」が正常に供給できないため、量産が遅れているという。

業界関係者によると、ファーウェイはMWC2019でMate Xの試作品を発表したが、大量生産するには折り畳み式ディスプレーの安定した供給源が必要。供給業者のBOEテクノロジーには現在、歩留まり率に問題があるため、Mate Xの量産にはまだかなりの時間がかかりそうだという。

スポンサードリンク
ディスプレーサプライチェーンを対象とする調査会社のDSCCによると、昨年第4四半期のBOEテクノロジーの中小型フレキシブルOLEDの歩留まりは3割だった。一方、韓国の中小型フレキシブルOLEDの歩留まりは8割に達している。 業界関係者によると、「昨年のBOEテクノロジーの工場のスマホ用フレキシブルOLEDの生産数は250万枚で、世界シェアの1.6%にすぎなかったが、一方のサムスンは、昨年1億5000万枚を生産し、世界シェア率93.1%を占めた」という。
https://www.recordchina.co.jp/

ファーウェイのシニア・エグゼクティブがスマートファンにおける最大のライバルはサムスン。両社はともに新たに折りたたみスマートフォンを発表し、競い合っている。 ファーウェイのコンシューマー・ビジネス・グループのCEO、リチャード・ユーは、ファーウェイは当初、サムスンのGalaxy Foldと似たようなデザインの折りたたみスマートフォンを試作していたが、結果が「良くなかった」ため廃棄したと語っている。個人的には売れないと思っている。インドネシアでは中国スマホで、ファブレット並みの大きさが流行っている。新興国を中心に7インチ級に迫る大きさのスマホが主流となっている中で、高価格な折り畳みは富裕層でしか買えないだろう。またこの金額ならば、高級ハイエンドのスマホとiPad Pro 11インチの両方が購入できるが…。折り畳みリスクは大きい。部品調達を考慮すれば、問題が起きればすぐ対応できないだろう。その間スマホは使えないことになる。

関連記事

[ 2019年03月18日 08:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp