韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国型パトリオットのシステムに欠陥?…誤発射事故で不安広がる

韓国型パトリオットのシステムに欠陥?…誤発射事故で不安広がる

2019年3月18日午前10時38分ごろ、「韓国型パトリオット」と呼ばれる地対空誘導弾「天弓」が誤作動により発射され、基地の上空で爆発した。これについて、韓国・KBSは「老朽ミサイルでなく新型ミサイルが不時発射されたとの点で深刻な問題になりうるため、詳しい調査が必要」と指摘した。

記事によると、韓国では1998年、誤って発射されたミサイルが仁川(インチョン)の上空で爆発し、多数の破片が民家に落下。負傷者や窓ガラスが割れる被害が続出し、混乱が広がった。当時のミサイルは65年に米国から導入し、30年以上使われていた老朽機種だったという。

一方「天弓」は、2015年に実戦配備された新型で、システム開発だけで4000億ウォン(約390億円)以上が投入された。今回事故が起きたミサイルは16年末に配備されたもので、運用期間は3年にも満たない状態だったという。

スポンサードリンク
記事は天弓について「攻撃目標をレーダーがとらえた後、その信号を射撃統制装置が分析して発射台に伝達し、ミサイルが発射されるが、その過程で二重三重に安全装置が働く」と説明し、「それにもかかわらずミサイルが不時発射されたとの点から、整備上の単純なミスとみるのは難しく、システム全体の詳しい分析が必要だ」と指摘。さらに「整備中にコマンドを間違えて入力した可能性もあるが、正常の訓練命令をシステムが実際の状況と誤認した可能性もある」と説明している。
https://www.recordchina.co.jp/

韓国空軍は3月18日、「午前10時38分ごろ、春川の空軍基地で整備中に天弓誘導弾1発が誤って発射され、基地の上空で爆発した」と発表した。天弓誘導弾は正常でない動きを見せた際に自動的に爆発するよう設計されている。現時点で被害は確認されておらず、空軍関係者が原因を調査中だという。天弓は1つの発射台に誘導弾8発を搭載し、数秒間で数発を発射する機能を備えているため、あらゆる方向から攻撃する敵の航空機やミサイルに対応することができる。最大射程距離は40キロ。

整備中に発射するのでは、二重三重の安全装置はあてにならない。また整備自体も日常点検や定期点検を実施しているのかも問題。さらにシステムチェックはさらに重要となる。システムにバグがないか、アブノーマル検査等々…。十分な検査が実施されずに配備したのではと言う懸念もある。

関連記事

[ 2019年03月19日 18:38 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
見切り発車のシステムだろう
5Gの通信システムを世界初で運用すると言う事柄にこだわり、ほとんど何一つ状況が揃っていない段階で見切り発車しようとしている。
韓国では全ての事柄がこのような状態である。
この韓国型パトリオットもどきの同じ事が言えるのでないか?
システムが欠陥だらけで不具合の原因すらも掴めないだろう。


[ 2019/03/19 19:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp