韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  道路名から詩碑まで…韓国自治体間で加熱する「親日清算」競争

道路名から詩碑まで…韓国自治体間で加熱する「親日清算」競争

学校だけではない。「親日の痕跡消し」は自治体ごとにさまざまな分野で繰り広げられている。親日かどうかを分ける基準は、左派寄りの民族問題研究所が編集した『親日人名辞典』に名前が出たかどうかだ。

京畿道の李在明(イ・ジェミョン)知事は今月6日、「親日作曲家論争がある道歌『京畿道の歌』の斉唱を、しばらく保留したい」と表明した。この歌は「三角山のそびえる下、村々が長き歴史を刻んだ伝統のよりどころ…」で始まり、歌詞は親日と無関係な内容だが、作曲したのは『親日人名辞典』に名前が載っている李興烈(イ・フンリョル)=1909-80=だ。

これに先立ち京畿道高陽市・抱川市・驪州市も、作曲家の金東振(キム・ドンジン)=1913-2009=が手掛けた市歌の使用を中断している。全羅北道も、同じく金東振が手掛けた「全北道民の歌」を変更する作業に入った。金東振は李興烈と同じく20世紀韓国の代表的な作曲家に挙げられるが、1940年代に満州で新京交響楽団の団員として活動し、日本を称賛する演奏・作曲活動をしたという理由で『親日人名辞典』に名前が載った。

スポンサードリンク
親日とされた人物の銅像・詩碑を撤去せよという主張も強い。巨済市の市民団体のメンバーは今月1日、巨済市内にある金白一(キム・ペクイル)=1917-51=将軍の銅像の横に「親日行跡断罪碑」を立てた。富川市は先月、親日論争がある詩人・徐廷柱(ソ・ジョンジュ)=1915-2000=、盧天命(ノ・チョンミョン)=1911-57=、朱耀翰(チュ・ヨハン)=1900-79=の詩碑を市内から全て撤去した。全国教職員労働組合(全教組)ソウル支部も先月、ソウル市内の7校に「親日」人物の銅像があるとして撤去を主張した。
http://www.chosunonline.com/

独裁政権下時代に親日の人たちがやっていたことに関して全否定している文大統領。戦後賠償も含め、徴用工問題、従軍慰安婦の問題、過去に決着のついた問題であるにもかかわらず、韓国内の親日の連中が、日本とやり取りして来たという背景がある。何とも身勝手な背景となる。従って、過去日本との間に結ばれた条約や約束事、決め事はもう1回検証するという事だ。自国内だけでの動きならまだしも、日本を含めた外国にまで求めるのは国際法上論外となる。

米韓の軍事同盟も軍事政権下に結ばれたもので、それは朝鮮戦争を共に戦った建前となっている。当然、米韓の軍事同盟も見直しということになる。親日清算を掲げながら軍に手を付けることになる。日本を完全に敵に回し、米国からも切られることを覚悟したと言ってもよいだろう。もっともこれには裏があるわけで、北朝鮮が韓国と一体になることが条件となる。統一妄想劇は朴槿恵時に大失敗したが、文氏もまた同じ過ちを繰り返そうとしているわけで、自国崩壊か統一か…。と言うくらいに考えているのかと言えば、もしもの時に文氏は亡命できるように、家族は海外に移転させている。文氏もまたとんでもない余生を送ることになりそうだ…。

関連記事

[ 2019年03月20日 19:01 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp