韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  マレーシアでインドネシア語の挨拶、海外歴訪で失態続きの文大統領

マレーシアでインドネシア語の挨拶、海外歴訪で失態続きの文大統領

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先週マレーシアを国賓訪問した際、あいさつの言葉をインドネシア語で述べていたことが分かった。この事実が明らかになると、外交上のミスに対するあきれた声とともに、韓国大統領府(青瓦台)のスタッフに対する厳しい声が相次いでいる。文大統領が海外を訪問する際や公開行事に出席する際、あまりにもお粗末なミスが繰り返されているからだ。

文大統領は13日、マレーシアを訪問した際、マハティール首相との首脳会談後の共同記者会見で、マレーシア語ではなくインドネシア語であいさつした。文大統領が述べた「スラマッソル」という言葉について、韓国大統領府は「マレーシアの午後のあいさつ」と説明した。しかし、これはマレーシア語ではなくインドネシア語だった。マレーシア語でのあいさつは「スラマップタン」と言う。

この事実が明らかになると、ネットユーザーの間では、外交的欠礼だとの声が相次いだ。あるネットユーザーは「外国の国家元首が韓国に来て『こんにちは』とあいさつするようなものだ」と指摘した。マレーシアとインドネシアは、かつてマレーシア連邦の成立をめぐって紛争を繰り広げた間柄だ。そのような国を外国の国家元首として国賓訪問したのだから、あいさつの言葉一つにも気を使うべきというわけだ。

スポンサードリンク
大統領の外交的欠礼に負けず劣らず、文大統領の外交活動を補佐する青瓦台のスタッフの問題を指摘する声も相次いでいる。霊山大のイ・ギョンチャン教授は、自身のフェイスブックに「大統領の演説、それも海外を国賓訪問した際の大統領の一言は、その国の品格を示すもの」だとして「青瓦台秘書室であれ韓国外交部(省に相当)であれ、大統領の記者会見文の全てのあいさつをきちんとチェックできなかった責任は、小さいとは言えない」と話した。マレーシア語で午後のあいさつが「スラマップタン」であることはインターネットで検索すればすぐに分かることだ。あまりにずさんなミスとしかいえない。
http://www.chosunonline.com/

マレーシアは文字を持たない国であった。イギリスから独立するときに、文字を作り上げたわけで、大半がインドネシア言語を活用している。単語は同じでも意味が違う。また多少文法も違う。「スラマッソル」は間違い。Selamat siang. (セゥラマット シアン) (10:00~16:00)、Selamat sore. (セゥラマット ソーレ) (16:00~18:00)と時間で分かれる。またマレーシアは大半がイスラム教であるから、Assalam alaikum (アッサラーム・アレイクム)を使う。「こんにちは」、「お邪魔します」、「もしもし」等々とりあえず様々なシチュエーションで使える、便利な言葉となる。マレーシア人はインドネシア語は大半のところで通じる。

マレーシア語であれば、「こんにちは」はお昼ごろとお昼を過ぎて夕方ぐらいまでの2種類があり、早い時間の「こんにちは」はSelamat tengahari(スラマットゥンガハリ)、遅い時間だとSelamat petang(スラマップタン)となる。 まぁ~さして大きな問題ではない。挨拶は通じれば彼らは気にはしない。むしろマレーシアの文字の歴史くらいは韓国大統領として知っておくべきだろう。

関連記事

[ 2019年03月21日 09:41 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp