韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  駐日米国大使「トランプ大統領、日米の安全が重要なため北の要求を拒否」

駐日米国大使「トランプ大統領、日米の安全が重要なため北の要求を拒否」

ハガティ駐日米国大使が日米間の連携による対北朝鮮圧力基調を強調した。ウォール街出身のハガティ大使はトランプ大統領と随時連絡を取ることができる側近の一人だ。米朝間のハノイ会談決裂後、北朝鮮が挑発の兆候を見せる中、米国も警告性のメッセージを出している。

ハガティ大使の「対北朝鮮、日米連携が要」と題した寄稿が20日付の日本経済新聞に掲載された。ハガティ大使は寄稿で「トランプ大統領が北朝鮮の要求を拒否したのは(北朝鮮の提示案が)日米や地域の安全には寄与しないと認識したからだ」と明らかにした。

これとともに北朝鮮を交渉テーブルに引き出すうえで日本の役割が大きかったと強調した。ハガティ大使は「日本は国連安全保障理事会での米国のリーダーシップを強く支援し、3度にわたる対北朝鮮制裁を引き出した」とし「その結果もたらされた経済的な圧力は、北朝鮮を交渉の場に着かせ、昨年シンガポールでのトランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長の首脳会談に至った」と評価した。

スポンサードリンク
続いて「北朝鮮が制裁の圧力を感じていることは、国連の経済制裁を事実上すべて解除するようハノイサミットで求めたことからわかる」と指摘した。また「日本の支援がなければハノイサミットは実現しなかっただろう」とし「米国とトランプ大統領は、最終的かつ完全に検証された北朝鮮の非核化に向けた努力への日本の揺るぎない支援に深く感謝している」と明らかにした。
https://japanese.joins.com/

中央日報は、日本の対米外交力が対北朝鮮問題に深く投影されていることを示唆するものだという評価もあるとし、このため段階的な対北朝鮮制裁緩和を強調する韓国の立場はさらに狭まるという解釈も出ていると締めくくっている。文大統領云々の話は無く、ハガティ大使は、最後に日韓と強い同盟関係にあるとし、この連携は今後の対北朝鮮外交に不可欠だと言う言葉を残したが、文大統領に対する柔らかい警告に聞こえる。今回の仲介役が日本で、韓国は非核化と言う側面で動かずに北に寄り添った状態と化したわけで、韓国に対する最後の言葉と考えれば、次は同盟解除でしかないと、実は言いたげなはず。トランプ大統領の胸の内でもあるだろうし、ハガティ大使の思いでもあるかもしれない。

関連記事

[ 2019年03月22日 18:43 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp