韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、「世界トップ製品」が増加も笑えない理由

韓国、「世界トップ製品」が増加も笑えない理由

2019年3月20日、韓国・聯合ニュースによると、世界市場でシェアトップに立つ韓国製品は過去3年で増加を続け、77品目に達したと集計された。ただ、世界輸出市場全5204品目のうち韓国がトップの製品は依然として少なく、それも中国、日本、米国など競合国に追い上げられている状況だという。

韓国貿易協会・国際貿易研究院が発表した資料によると、2017年ベースで世界輸出市場1位の品目は、前年より6品目多い77だった。2014年(67品目)以降3年連続の増加で、世界順位は前年から横ばいながら単独12位を記録している。1位品目の総輸出額は1407億ドル(約15兆6782億円)で、全輸出の24.5%を占める。 2017年は17品目が新たに世界輸出1位となったが、11品目が1位の座を明け渡した。また、メモリ半導体、タンカー、特殊船など31品目は過去5年にわたって世界1位を維持しているという。 韓国がトップに立つ77品目のうち48品目は、中国、日本、米国、ドイツが2位につけている。このうち16品目は、2位とのシェア格差が5ポイント未満だった。

また、ほとんどの1位品目で韓国は中国と競合しており、日本とは化学・鉄鋼製品でトップ争いをしている。主要競合国のうち世界トップの品目が最も多いのは中国(1720品目)で、ドイツ(693品目)、米国(550品目)、イタリア(220品目)、日本(171品目)と続く。

スポンサードリンク
1位品目を分野別に見ると、化学製品(31品目)、鉄鋼(13品目)、繊維製品(8品目)が67.5%を占める。化学製品ではドイツと米国の2位品目が増えており、資料では「両国の追撃を警戒すべきだ」と分析している。鉄鋼も5品目でトップを追われており、「今後の競争力の低下が懸念される」としている。
https://www.recordchina.co.jp/

日本と韓国は複数の輸出品目で競合関係にある。円安が進行すれば日本企業の日本国外における価格競争力が向上し、韓国にとっては相対的な競争力は低下する。韓国が輸出分野で競合する日本や中国、米国、ドイツなどの国のうち、韓国との競合度合いがもっとも高かいのが日本となる。一方で、韓国はこれまで中国に対し部品や素材を輸出し、中国がそれを組み立てて輸出するという協業関係にあったが、近年は競合度合いが急激に増している。 従って、韓国が輸出の競争力を高めるためには、インド、ベトナムの経済成長といったチャンスをつかむ必要があるが、東アジアの新興国においても日中と競合しているわけで、品質そして価格・サービス、さらには企業技術力の勝負となる。

関連記事

[ 2019年03月24日 08:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp