韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国で高級車相次いで値下げ、背景に販売台数の低迷

中国で高級車相次いで値下げ、背景に販売台数の低迷

中国で高級車が相次いで値下げされた。背景にあるのは自動車市場の低迷。昨年、28年ぶりにマイナス成長になった自動車販売台数は、今年なっても回復の兆しを見せていない。中国政府は販売台数の回復を目指して税制面からもテコ入れし支援している。

中国網によると、16日に値下げの口火を切ったのはドイツのベンツ。メルセデス・AMGの希望小売価格は最大6万4000元(約102万4000円)の引き下げ、メルセデス・マイバッハは最大6万元(約96万円)、メルセデス・ベンツは最大4万元(約64万円)、スマートは最大7000元(約11万2000円)の値下げとなる。 BMW(中国)と華晨宝馬(BMW)も続いた。両社は16日、即日から中国販売モデルの希望小売価格を引き下げると発表。BMWが中国で生産するBMW 3シリーズ、5シリーズ、X3とX5、7シリーズなどのほか、ミニブランドの傘下全モデルを含め値下げ幅は最大6万元という。

16日午後にはジャガーランドローバーが追随し公式サイトで、即日から中国で販売するジャガーとランドローバーの全シリーズの希望小売価格を引き下げると発表した。ジャガーの値下げ幅は最大4万2000元(約67万2000円)、ランドローバーは最大8万5000元(約136万円)。ランドローバー・レンジローバー輸入モデルは3万3000元(約52万8000円)、ジャガー・XFLは最大1万5000元(約24万円)の値下げとなる。ボルボやリンカーンも希望小売価格を引き下げた。

スポンサードリンク
高級車値下げの理由について、中国網は「中国自動車市場が低迷し、販売が巨大な圧力に直面していることも関係している」と説明した。2018年に全体の販売台数が減少する一方で高級車は前年比9%増加したが、市場が低迷する中で、高級車ブランドの好成績は19年まで続かなかった。
https://www.recordchina.co.jp/

中国で高級車の値下げ合戦が始まっている。中国政府が昨年5月1日から、増値税率(日本の消費税に相当)の一部引き下げ(17%→16%)を実施した。減税に合わせ、メーカー希望小売価格を続々と引き下げている。さらに自動車輸入関税の引き下げがある事で、輸入高級車の価格低下に対抗して国内生産の自動車の値下げは必至だ。消費者の購入手控えによる需要減退を防ごうと、前倒しでの値下げ合戦が昨年から過熱している。

その後中国政府は、7月1日から輸入乗用車に対する関税を25%から15%に引き下げると発表し、自動車部品についても8~25%だった関税を一律6%まで引き下げるとした。関税の引き下げで、中国高級車市場において、昨年からの値下げ合戦がさらに加速している。昨年の相次ぐ値下げで、売り上げ確保に各社必至というわけだ。その傾向は今年も続いており、さらなる値下げ合戦の年となる可能性もある。

関連記事

[ 2019年03月24日 19:11 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp