韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「韓流」イメージダウンで韓国芸能事務所株価暴落…韓国スター負の連鎖

「韓流」イメージダウンで韓国芸能事務所株価暴落…韓国スター負の連鎖

韓国のアイドルグループ「BIGBANG」の元メンバー、V.I(スンリ)をめぐる一連の疑惑は、韓国社会と芸能界に衝撃を与え、さらに「韓流」そのもののイメージを深く傷つけた。さらに、韓国芸能事務所の株価も暴落している。2019年3月22日、環球網が伝えた。

記事はまず、米CNNの22日付の記事を引用し、「Kポップの危機、スキャンダルは『韓流』を終わらせ、『毒々しい男らしさ』の文化を露呈させた」と伝えた。さらに、「韓国芸能産業は世界で巨大な影響力を持っていたが、同国スターのスキャンダルにより、『韓流』の影響力は以前のようには戻らないという考えもある」とした。

記事によると、今月20日までにV.Iの一連の疑惑を受け、YGエンターテインメント、JYPエンターテインメント、SMエンターテインメント、CUBEエンターテインメント、FNCエンターテインメントの韓国5大芸能事務所の時価総額は約6000億ウォン(約600億円)近く失われた。さらに、YGエンターテインメントとSMエンターテインメントの株式をそれぞれ6%と8%保有する韓国国民年金の保有持分の価値は332億ウォン(約33億2000万円)減少した。

スポンサードリンク
記事は、「V.Iが所属していたYGエンターテインメントの株価下落率が最も大きい」と伝えた。V.Iの性接待疑惑に関する捜査が本格的に始まった2月25日から、同社の株価は24.8%下落し、時価総額は2000億ウォン(約200億円)も減少しているという。 記事はさらに「今年1月、V.Iが経営するソウルのクラブで起きた暴行事件に端を発し、複数の芸能人のスキャンダルが明るみに出ている。今月21日にはわ●せつ動画を隠し撮りし、SNSのグループ内に流布した疑いで歌手のチョン・ジュニョンが逮捕された」と伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-03-25-k001.jpg

V.IはSNSで「芸能界を引退し、警察の調査に協力する」と表明し、チョン・ジュニョンが盗撮・流布をすべて認め謝罪しているというが、日本のK-POPファンは裏切り行為として怒りをあらわにしているわけで、日本で利益を稼ぐ韓流経済にとどめを刺した状態だ。長きにわたり韓流とK-POPは続いてきたが、相次ぐ自殺問題が消えたか思えば、今の韓国を表すような行為が次々発覚したわけで、韓流スターの面影は無くなった。韓流を経済に押し上げた朴槿恵の経済緩和策は終わりを迎えたという事だ。

関連記事

[ 2019年03月25日 08:14 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp