韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  追加制裁の撤回を指示」 今度もトランプ流のアメとムチ

追加制裁の撤回を指示」 今度もトランプ流のアメとムチ

トランプ米大統領が22日(現地時間)、北朝鮮に対する追加の大規模な制裁計画を撤回したと明らかにした。米財務省が21日に北朝鮮の国連制裁逃れを助けた中国の海運会社2社を制裁し、北朝鮮が開城(ケソン)南北共同連絡事務所からの引き上げと「核ボタン脅威」で反発すると、トランプ氏が翌日、「追加制裁はない」と収拾に出たのだ。

トランプ氏は同日午後、ツイッターに、「北朝鮮に対する従来の制裁に加えて大規模な制裁を科すと今日財務省が発表した」とし、「私は今日、追加制裁の撤回を指示した」と明らかにした。これは、トランプ氏が財務省の制裁を一日で撤回したと解釈され、メディアだけでなくホワイトハウスと主務省庁内でも大きな混乱を呼んだが、「従来の制裁は維持され、今後の追加制裁はない」ということで整理された。外交筋は、「(21日の)制裁は撤回されず、中国の海運会社に対する制裁も維持される」とし、「トランプ氏が(ハノイ米朝会談直後に)話した通り、米国はこの時点で北朝鮮に対する(大規模な)追加制裁はしないという意味」と説明した。

スポンサードリンク
しかし、トランプ氏がハノイ会談決裂後1ヵ月も経たずに追加制裁を断行し、これとは別の大規模な制裁計画を取り上げたことは、北朝鮮の出方によってはいくらでも追加制裁カードを取り出すことができるという圧力サインでもある。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が15日、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官を通じて、「交渉中止と核・ミサイル実験停止の撤回」の可能性まで示唆したが、「制裁は維持する」と明確に線を引いた。その一方で、ホワイトハウスはトランプ氏のツイッター後、「トランプ氏は金正恩氏が好きで、このような制裁が必要だと考えていない」とし、北朝鮮に融和ジェスチアーを送った。
http://japanese.donga.com/

2019-03-25-k002.jpg

アメリカのトランプ大統領は22日、「北朝鮮への追加制裁を撤回するよう指示した」とツイッターに投稿、しかし撤回を指示した「追加制裁」が何を指すのかは明らかにされていない。財務省は前日の21日、中国の海運会社2社に制裁を科すと発表したが、22日には発表していない。トランプは、何らかの追加制裁を検討したが見送ったという事の様だ。もともと制裁の撤回支持したという事ではなく、北朝鮮に対し大規模制裁を科す計画はないと言う事の様だ。

関連記事

[ 2019年03月25日 08:28 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp