韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  外国の自動車メーカー、中国での「コピー車」めぐる裁判で初勝訴

外国の自動車メーカー、中国での「コピー車」めぐる裁判で初勝訴

2019年3月25日、中国メディアの参考消息網は、「外国の自動車メーカーが中国でのコピー車をめぐる裁判で初めて勝訴した」との見出しで、英紙フィナンシャル・タイムズの22日付報道を紹介した。

それによると、フィナンシャル・タイムズの記事は、「ジャガー・ランドローバーは、中国の自動車ブランドがコピー車を売ることを阻止するための訴訟に勝利し、3年間の法廷闘争を終えた」とした上で、「この英国を拠点とする自動車メーカーは、中国の江鈴汽車が生産・販売するランドウィンドX7が、自社のレンジローバー・イヴォークにエクステリアが非常に良く似ていると訴えていた」「北京市朝陽区の裁判所は22日、レンジローバー・イヴォークの5つのデザイン上の特徴が模倣されたと認定し、江鈴汽車に対し、ランドウィンドX7の生産と販売、プロモーションを中止するよう命じた。江鈴汽車は15日以内に上訴することができる。同社は判決についてすぐにはコメントしなかった」などと伝えた。

スポンサードリンク
記事はまた、「グローバルな自動車メーカーのいくつかは、デザインを模倣する中国ブランドに不満を持っていた。中国の裁判所が、外国の自動車メーカーに有利な判決を下したのは今回が初めだ」とも伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-03-25-k006.jpg

ジャガー・ランドローバーが訴えていたのは、中国の江鈴汽車。江鈴汽車は独自ブランドの「ランドウィンド」を展開しており、ランドローバーの『レンジローバー・イヴォーク』に非常に良く似た『ランドウィンドX7』を生産し、中国で販売している。ランドウィンドX7は、レンジローバー・イヴォークの特徴のクーペスタイルをはじめ、前後マスクやボンネットの文字の配置に至るまで、模倣したと受け取れるSUV。

北京の裁判所は今回、このランドウィンドX7をレンジローバー イヴォークのコピー車と認めた。レンジローバー・イヴォークの5つのデザイン上の特徴が、ランドウィンドX7と重なる事が理由だ。同裁判所は、「2つの車の類似性が幅広く消費者の混乱を招いた」とし、「ランドウィンドX7の生産と販売を、直ちに中止しなければならない」とした。裁判所はまた、江鈴汽車に対して、ジャガー・ランドローバーに賠償金を支払うよう求めている。

関連記事

[ 2019年03月25日 18:45 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp