韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済の問題は「中国への過度な依存」

韓国経済の問題は「中国への過度な依存」

2019年3月24日、中国メディア・金十数拠は、韓国の輸出が4カ月連続で下落したことについて、その背景を伝えた。 記事は、「韓国経済が未曽有の困難な状況に陥っており、韓国の誇る4大産業である自動車、半導体、石油化学工業、造船のいずれも難題に直面している。特に対中輸出の落ち込みが激しい」と伝えた。

21日に韓国国際貿易協会が発表した3月の最新データによると、同月1日から20日までの輸出は前年同期比で4.9%減となり、4カ月連続の減少となった。「特に悲惨」だという2月は前年同期比11.4%減で、16年4月以降最大の減少幅となった。

記事は、「典型的な輸出志向型経済」である韓国の問題点を指摘。その一つが半導体で、その輸出は前年同期比25%減と、09年3月以来の大幅な下げ幅となったほか、2月の24.8%減と比べてもさらに下がった。記事は「サムスンの半導体は世界的に有名で、毎年約500億ドル(約5兆5000億円)の半導体を中国に輸出していた。しかし、中国のスマホ市場で販売台数が減少したことや、ファーウェイなどの中国産半導体の台頭により、サムスンの半導体は大打撃を受けた」と分析した。

スポンサードリンク
最大の問題点として挙げたのが「韓国経済が中国市場に依存しすぎている」こと。韓国の対中輸出は韓国の国内総生産(GDP)の10%を占めており、米中貿易関係に不確定要素が多くある中で、中国経済の成長がわずかに緩やかになるだけで、「韓国経済は警笛を鳴らす状況だ」と記事は表現した。
https://www.recordchina.co.jp/

韓国経済は、日本から材料や中間財を輸入し、自国で組み立て、中国に輸出し製品化し、米国を主に輸出するわけで、中国依存度が高いと今騒ぐ問題ではない。何故なら、韓国経済は他国での勝負には力不足であり、特に東アジアでは電化製品は中国と競合し、自動車産業は日本と競合する構図である。依存度を語るには、30数年前から準備しないと無理となる。日本が中国依存度をリスクとしたのはその頃からで、同時に生産システム構築に力を入れてきた。もっとも当時の日本は内需率が高かったわけで、もともと内需を育てなかった韓国経済では、今出来ることは中国に寄り添う事であり、一部は米国に工場建設を加速しているとはいえ、貿易構図は変わらない。

専門家が良く言う中国依存度の高さを語るが、私はより依存度を高める事が重要と言いたい。一方で中国でスマホが売れない状態を問題視するが、中国で売れないものが他国で売れるのだろうか…。如何に中国で売るかを戦略で成功させないかぎり、生き残れない。さらに重要なのは他産業を育てなかった事。限られた産業ではなおさらだろう。

関連記事

[ 2019年03月26日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp