韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国通信事業者が5Gでファーウェイ採用、95%が同社製

韓国通信事業者が5Gでファーウェイ採用、95%が同社製

2019年3月25日、研究開発者のための情報サイト・52RD.COMは、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の通信事業者LGユープラスが初回購入する5G設備のうち、約95%がファーウェイ(華為技術)製になると伝えた。

LGユープラスによると、次世代通信技術5Gでもファーウェイとの提携を継続し、全国1万5000局の5G基地のうち、約95%をファーウェイ製が占めるという。記事は、「LGユープラスの計画によると、年内には主要都市で5Gネットワーク設備建設が完了する予定で、韓国のその他の通信事業者も同様の計画になっている」と伝えた。

一方で、「LGユープラスから95%の初回5G設備注文を獲得するのは決して容易なことではなかった」と指摘。韓国の通信事業者であるSKテレコムとKTは、5G設備購入にあたってノキアやエリクソン、サムスンを検討しており、元はこのリストの中にファーウェイも入っていたが外されたという。

スポンサードリンク
SKテレコムなどの通信事業者が、5G設備供給業者のリストからファーウェイを外したことについて、「米国やカナダ、インドなど、多くの国でファーウェイが締め出されたことと関係があるとの見方がある」と記事は指摘。韓国メディアのETnewsは、ある政府関係者の話として「ファーウェイの設備に安全問題は存在しないが、将来的に運営の過程において問題が発生する可能性を懸念する人もいる」と伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

2019-03-26-k001.jpg

前記事と関連はあるが、こちらはセキュリティー重視の話となる。日米の軍事情報が集まる韓国では、韓国軍幹部から情報が洩れる事が多々ある。日米はファーウェイの次世代通信技術5G基地局の設置を避けたわけで、韓国がファーウェイの次世代通信技術5G基地局の設置率が高まるほどに日米は懸念するだろう。現状でも重要な軍事機密は日米間で一部韓国を避けている。

一方日本のソフトバンクは、次世代通信「5G」の基地局などに中国製の設備を使わない方針を固めている。日本政府が情報漏洩など安全保障上の懸念から、政府調達の通信機器から中国・華為技術(ファーウェイ)製などを事実上、排除するとした。NTTドコモやKDDI(au)も追随するだろう。米国政府による中国製通信機器排除の圧力が同盟国となる日本企業にも影響を及ぼたという事だ。

関連記事

[ 2019年03月26日 08:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp