韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本の「世界レベル」ジェットエンジンに中国メディア「完成度の高さに驚き」

日本の「世界レベル」ジェットエンジンに中国メディア「完成度の高さに驚き」

2019年3月、新浪軍事は、日本の新型戦闘機用ジェットエンジンについて、研究速度の速さと、試作品とは思えないほどの完成度の高さに驚きを覚えると報じた。

記事は「21日に日本メディアが初めて第5世代戦闘機とエンジン技術の発展状況について報じた」と紹介。石川島播磨重工業(IHI)が昨年6月にすでに次世代戦闘機用XF9-1ジェットエンジンシステムのプロトタイプ機を完成させ、テスト状況も非常に良好であるため、納品時期が大幅に早まる可能性があると伝えた。

そして、同エンジンについて第5世代単結晶などの新素材を用い、タービン前温度が1800度に達するとしたほか、テストではブーストなしで110kN、ブーストして150kNの目標値を実現しており、2020年1月までに高空性能試験を含めた測定、試験を完了予定であるとした。また、今後の開発目標はブーストなしで130kN、ありで200kNというF-135エンジンに相当する値であることを紹介している。

スポンサードリンク
そのうえで「研究速度の速さに驚きを覚えるが、さらに驚きなのは、最近発表された写真を見る限り、ベクタードノズルの完成度が非常に高く、試作品とは思えない出来栄えであることだ。これまでそのような状況はなく、日本人は長期にわたり秘密裏に研究してきたことは明らかだ」と評した。
https://www.recordchina.co.jp/

昨年6月29日にIHIより防衛装備庁に「XF9-1」という戦闘機用エンジンが納入された。XF9-1は試作エンジンであるとはいえ、推力は15トンを超える。米国の「F-15」やロシアの「Su-35」といった世界の一線で活躍する戦闘機のエンジンと同等以上の出力を持つ。日本のジェットエンジン業界は、日本独自のものも含め、優れた技術を多く持ち、世界のジェットエンジンの性能向上に貢献してきた。世界のジェットエンジンは、米GE、プラットアンドホイットニー、英ロールスロイスの3社が君臨する。しかし、航空エンジン大手のジェットエンジンは、日本製部品、日本の技術が使用されている。

日本航空が使用するボーイング「787」の「GEnx」では、高圧コンプレッサーや低圧タービンなど、日本勢が15%以上を製造する。また、エアバス「A320」やボーイング「737」の新型に搭載される「PW1100G」では、低圧コンプレッサー、燃焼器、ファンケースなど23%を製造する。特に難易度の高い長さ3メートルを超えるシャフトの世界シェアは70%を占める。そのシャフトを支えるベアリングも日本製が増えつつある。シャフトの素材も日本が強みを持つ。そうした部品或いは素材技術を土台にエンジン技術も今後高まる期待がある。

関連記事

[ 2019年03月26日 09:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp