韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  安全資産選好が明確に…対ドル・対円でウォン安進む

安全資産選好が明確に…対ドル・対円でウォン安進む

世界的な景気鈍化に対する懸念からドル高ウォン安が続いている。安全資産として円の価値が浮上し円相場はさらに大きくウォン安に振れた。 25日のソウル外国為替市場でドル相場は前取引日より4.10ウォンのドル高ウォン安となる1134.20ウォンで取引を終えた。この日の為替相場は5.40ウォンのウォン安となる1135.50ウォンで取引を開始し、午前中に一時1136ウォンを超えた。しかし午後に入り輸出業者のドル売りで小幅に上昇した。

ドル相場はまだ中長期ボックス圏内にある。昨年6月に1ドル=1050~1060ウォン台から1120ウォン台にウォン安が進んだ後9カ月にわたり1110~1140ウォン台を守っている。だが今年に入ってからは底点が高まる傾向だ。昨年は急落しても世界的な景気鈍化の懸念感が解消されれば1110ウォン水準まで一気にウォン高が進んだ。だが最近はウォン高が進んでも1120ウォン台半ば水準にとどまる。21日に米国連邦公開市場委員会(FOMC)の通貨緊縮終了方針により対ドルで新興国通貨が一斉に上昇した時もウォン・ドル相場は2.70ウォン上昇の1127.70ウォンで引けた。

スポンサードリンク
底点が高まり月間平均相場は下がる傾向だ。1月には1121.70ウォンだったが先月には1123.60ウォンに下がりし、今月には1131.20ウォンまでウォン安が進んだ。 安全資産である円に投資資金が集まって対円でのウォン安傾向はさらに目立つ。この日の円相場は100円=1031.79ウォンで前取引日より11.89ウォンのウォン安となった。1月22日以来のウォン安水準だ。
https://japanese.joins.com/

2019-03-26-k002.jpg

世界経済が低迷する中で、韓国経済も低迷し、ドル・円が買われ、現在かなりのウォン安状態となっている。この条件は気を付ける必要がある。ウォンは絶対量が少ない通貨で、ウォン下落が加速しているという事は、ウォン売りが加速すれば、あっという間のウォン下落となるわけで、政府に必要なのは金融政策となる。だが金融部分が日米が支配している構図は厄介だ。挙句に日本のような金融政策は取れないわけで、韓国政府はどう対応するのだろうか…。まして流動性のすくない外貨準備高では、不良債権が主となり、ウォン下落対応は難しい。挙句にスワップを日米と結べなかったことで、懸念は高まると言える。

関連記事

[ 2019年03月26日 10:02 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
米朝会談
ウォンは米朝会談に連動するらしい、結果は
各方面の期待を裏切って、決裂だったからウォン安、
同じ理由でサムライ債の人気も下がるのか、
[ 2019/03/26 12:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp