韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  20万回を折り畳んでは広げる…「ギャラクシーフォールド」の極限テスト

20万回を折り畳んでは広げる…「ギャラクシーフォールド」の極限テスト

三星(サムスン)電子は、フォルダブル(折りたたみ式)「ギャラクシーフォールド」を何十回も折り畳んでは広げるテスト映像を、28日、ユーチューブに公開した。京畿水原市(キョンギ・スウォンシ)にある三星電子デジタルシティ内部の「信頼性ラボ」で撮影された34秒分量のこの映像には、6台のロボットがギャラクシーフォールドを数十回も折り畳んでは広げる様子が盛り込まれている。三星電子の関係者は、「5年間、一日に100回、約20万回を折り畳んでは広げる動作を想定してテストを行った」とし、「一度テストを実施すれば、完了まで約1週間がかかる」と説明した。

ギャラクシーフォールドは、折り畳めば4.6インチ、広げれば7.3インチの大画面で使用できる三星電子の最初のフォルダブルスマートフォンだ。三星電子が製品発売前にこのようなテスト映像を公開したのは異例のことだ。来月、米国で最初に発売される前に、画面のしわを巡る議論などが一部から提起されている品質問題を払拭させるためだ、という分析が出ている。実際、この日の動画には、画面が折れる部分のシワは見えなかった。

スポンサードリンク
三星電子は4月26日、米国を皮切りに5月3日は英国とフランス、イタリアなど欧州15カ国に続き、5月中旬は韓国国内でも第5世代(5G)通信用としてギャラクシーフォールドを発売する。米国内での価格は1980ドル(約225万ウォン)、欧州での価格は2000ユーロ(約256万ウォン)となっている。国内価格も240万ウォン台に策定されると予想される。
http://japanese.donga.com/

2019-03-29-k001.jpg

現行スマホが折れたためたほうが、画期的と言う話もある。現行スマホが折りたためて、例えばワンプッシュで開閉ができる。7インチに近いスマホが主流になりつつある新興国では、半分の大きさで持ち運べるのはありがたい。重いケースや保護ガラスなどを張り付ける必要がなければ、意外とトレンドになりそうだが…。

関連記事

[ 2019年03月29日 09:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp