韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北核廃棄、「北には十分にだまされた」という認識こそ本当のスタート

北核廃棄、「北には十分にだまされた」という認識こそ本当のスタート

米国務省の次の東アジア太平洋次官補に指名されたデービッド・スティルウェル氏は議会上院外交委員会の公聴会で「われわれはこれまで北朝鮮に十分だまされた」「忍耐のある制裁が重要だ」との考えを示した。

別の公聴会ではシュライバー米国防次官補が「非核化の問題について特に語るべき進展は見られない」と指摘し、在韓米軍のエイブラムス司令官も米下院軍事委員会公聴会で「われわれが監視している北朝鮮の核・ミサイルに関する活動は非核化と矛盾している」と証言した。米下院外交委員会アジア太平洋小委員会の委員長は「ハノイで行われた米朝首脳会談が決裂したのは、北朝鮮に対する圧迫が十分でないことを示した」と指摘した。

北朝鮮を核の放棄に追い込む方法が制裁と圧力という点でも異なった意見は見られなかった。米インド太平洋軍のデービッドソン司令官は「韓国と中国の近海で北朝鮮が違法に積み荷を受け取る『瀬取り』を阻止する」と明言した。米国は今や国全体で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が語る「非核化」が単なるショーにすぎないという事実をはっきり認識した。これが北核廃棄に向けた本当のスタート地点になるのだろう。

スポンサードリンク
一方で米議会上院外交委東アジア太平洋小委員会のガードナー委員長は26日(米国時間)の聴聞会で「米国は(北朝鮮との非核化交渉で)同盟国の協力がない非伝統的な状況を迎えている」と述べた。米戦略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャ韓半島(朝鮮半島)研究部長も「韓国と中国は北朝鮮を説得するというよりも、米国の見解を変えようとロビー活動を始めるだろう」との見通しを示した。同盟国であるはずの韓国が北核廃棄ではなく、的外れな方向に向かっていることを暗に批判したのだ。
http://www.chosunonline.com/

そもそも過去を見れば二回騙されているわけで、十分に騙されたという認識で、制裁解除を求める文大統領と言うのも問題だろう。2回目の米朝首脳会談が決裂した直後、文在寅大統領が「開城工業団地と金剛山観光の再開に向けて米国と協議する」と発言すると、米国のある政府関係者は「耳を疑った」と述べたと記事で掲載しているが、とても仲介役とは考えられない。米国による対北朝鮮制裁違反リストに韓国籍の船舶が掲載されるという事態にまで発展し、このままだと次は韓国の銀行や企業が制裁を受けるようになるだろうとも掲載しているが、今まで韓国は何を実施したのかを疑うことになる。

瀬取りを実施し、核開発の手助けとなるような韓国大統領では、到底非核化など論外な話となる。韓国事態、核保有論があるだけに、統一後に核保有と言うのも目論んでいると考えれば、とても仲介など韓国に任せられるはずもない。米国は韓国を制裁したほうが良いのではないのか…。

関連記事

[ 2019年03月29日 10:02 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(2)
北朝鮮が核を手放す事は永遠にあり得ない
北朝鮮はアメリカの現大統領と例え不可侵条約を結んだとしても大統領が代わればそれが守られるとは限らないと考えるので絶対に核は手放さ無い。
それは韓国を見れば朝鮮人の本質が解る、日本と取り交わした最終かつ不可逆な慰安婦合意を大統領が代われば簡単に覆した。
こう言う民族だから他の国も同様に信用できないのだろう。
だから北朝鮮の核問題を解決する方法は裏切り者の韓国を含めて制裁するしかない。
在韓米軍及び在韓企業は速やかに韓国から撤退すべきだ。

[ 2019/03/29 10:52 ] [ 編集 ]
そろそろ次へ
記事で名前が出た、ビクター・チャとか、ほかで名前が出た
潘基文とか、風見鶏キャラを集めて、反文在寅勢力の結集が
始まる気配、
文在寅のダメ出しはもうさんざん語られたから、そろそろ
次の展開にいくような、
[ 2019/03/29 13:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp