韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国京畿道議会、論争になった「戦犯企業ステッカー」条例審議見送り

韓国京畿道議会、論争になった「戦犯企業ステッカー」条例審議見送り

京畿道(キョンギド)議会が論争になっている「日本戦犯企業製品表示に関する条例案」に関する常任委員会案件の審議を見送ることにした。 28日、京畿道議会によると同条例を代表発議した共に民主党の黄大虎〔ファン・テホ、水原(スウォン)4〕議員は同日、同案件の道議会常任委員会への上程を見送ることにした。

黄議員は「条例案に対する関心と憂慮が正確な理解から生じたものではないと判断し、公論化による社会的合意を経た後、条例審議を改めて準備する」と話した。これに伴い、該当常任委員会である道議会第1教育委員会も29日に予定された審議日程を留保することにした。

黄議員ら道議員27人は最近「日本戦犯企業製品表示に関する条例案」を発議した。道内の学校が保有・使用中の戦犯企業製品に対する実態調査結果を毎年京畿道ホームページに公開し、戦犯企業が製造した20万ウォン(約1万9000円)以上の製品に「本商品は日本の戦犯企業が製造した製品です」というステッカーを貼るという内容だ。

スポンサードリンク
京畿道議会は道議員142人中135人が民主党所属だ。そのため民主党の意向通りに議決される可能性があるという見通しが出ていた。黄議員も同日午前の臨時会第3回本会議での5分間の自由発言で「戦犯企業が何であり、どのようなことを犯したのか京畿地域の児童・生徒達には知らせるべきだと考える。反日を扇動するわけではない」とし、支持を求めた。
https://japanese.joins.com/

言い換えれば反日ステッカーなわけで、自国で騒いでメディアが報じて、これを施行しなければならない京畿道教育庁が「戦犯企業に対する明確な定義(具体的な企業名)がないため各学校の混乱を招きかねず、戦犯企業に対する調査などの管理主体は中央政府などで行うべき」とし、すでに受け入れ不可の意思を明らかにしているというのでは、自作自演と言える。康京和外交部長官も「慎重に検討する必要がある」とし、事実上反対の意思を明らかにした。正しい未来党は論評を出し「子供たちの教育も、韓日関係もだめにする浅はかな発想」と非難したというから驚きだ。

得てしてこういう動きとなると慎重になる。彼らのガイドラインはかなりひねくれて曲がっている様だ。反日ステッカーだらけになると考えれば、施行はしないだろう。戦犯企業を示すステッカーを張ったところで、誰が見るのかと言う問題もある。訪韓旅行客の目には触れないだろう。戦犯企業が製造した20万ウォン(約1万9000円)以上の製品に「本商品は日本の戦犯企業が製造した製品です」というステッカーを貼ったところで、単に自国内だけの問題を報じても、無駄な税金としか言いようがない。もっと他にやることがあるだろうに…。

関連記事

[ 2019年03月29日 10:25 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp