韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  山場を迎える中米貿易交渉、双方の利益「交わる部分」の拡大が必要

山場を迎える中米貿易交渉、双方の利益「交わる部分」の拡大が必要

中米経済貿易ハイレベル協議はワシントンと北京を往復しつつ、過去4カ月にわたり計4ラウンドに渡り実施された。協議はすでに、最も重要で精力を最も要する段階に至っている。協議は非公開で進められているが、協議のテンポ加速に伴い、細かい状況がますます多く伝え聞かれるようになった。

例えば、今ラウンドの協議では時間節約のために、歓迎夕食会をワーキングディナーの形式にして食事をしながら話し合いを続けることで、双方は合意した。それ以外にも、双方は今回のラウンドで形式を簡略化して開会式を設けず、ただちに本題に取り組み、合意書の文言を巡って議論した。双方のチームは両国指導者がアルゼンチンで達成した重要な合意の方向性に従って、たゆまぬ努力により実質的な進展を獲得した。これは実に容易ならざる成果であり、双方がとりわけ大切にせねばならないことだ。

米国通商省が27日に発表したデーターによれば、米国の1月の輸出総額は0.9%増の2073億ドルだった。ただし、中国向け輸出額は全体で71億ドルにまで下落し、2010年以来の最低水準になった。中国側の統計によれば今年1-2月、中国の対米貿易総額は19.9%減少した。経済協力開発機構(OECD)は最近になり、中米貿易問題の緊張が依然として緩和されない状況を考慮して、今年の全世界の経済成長予測をそれまでの3.5%から3.3%に引き下げた。

スポンサードリンク
中米両国が互いに関税を追加していることが、両国経済と世界経済を傷つけていることが、ますます鮮明になってきた。両国指導者の合意を実現することは、ますます重要で必要なことになっている。双方は合意書の文案を策定する鍵となる段階に入った現在、交渉のテンポを速め、形式を簡略し、本題に直接切り込んだ。交渉は自然に白熱してきた。
https://www.recordchina.co.jp/

米国からみると対中国輸入が減少した場合、対第三国からの輸入が増えるという貿易転換効果が働き、中国から第三国への輸出は増加する可能性もある。現在の中国経済は過大債務、過大資本ストックによって資本の収益率は極めて低くい。設備投資の減速は避けられない。乗用車、工作機械、スマホ、工業用ロボットなど主要工業品の昨年第4四半期の出荷は前年比で約2割前後低下している。「一帯一路」戦略も最近の中国経済の低迷の根底にあるとの見方もあり、米中貿易戦争が必ずしも中国経済低迷の主因という事ではない。

一方貿易戦争により、米国への縫製品の輸出が規制される中国は織物生産を抑制しており、このことが中国に繊維製品を供給するベトナムに打撃を与える形となったいる。2018年10月から2019年1月までの間におけるその価格差はわずか50~60セント(約56~67円)に縮小した。2月に入ってからはその価格差が90セント(約100円)まで回復しているが、これを維持できるか否かは、今実施している米中通商協議の結果次第となる。

関連記事

[ 2019年03月30日 15:54 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp