韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  ロボットと外国人労働者は日本の人口危機を救えるか

ロボットと外国人労働者は日本の人口危機を救えるか

中国メディアの参考消息網は2019年3月26日付で、スペイン紙エル・パイスがこのほど、「ロボットと外国人労働者によって深刻な人口減少を軽減しようとする日本の努力は、同様の道を進んでいる西側諸国にとって教訓となる」と報じたと紹介した。

記事はまず、介護ロボットを積極的に導入している東京の社会福祉法人「善光会」の取り組みを紹介し、「日本の人口減少は2008年に始まり、速いペースで進んでいる。17年には出生数から死亡数を引いた自然増減数がマイナス39万4000人となり、バランスが急速に悪化している。65年の日本の総人口は1億2800万人から減少し8800万人になるとの予測が出ている。日本の人口を将来にわたって維持するには2.07の出生率が必要になるが、現在は1.4でしかない」などと伝えた。

記事は続いて、日本の外国人労働者受け入れについて、「他の先進国に比べて日本人は伝統的に消極的だ。日本人は自由で開放的な西洋文化を尊重しているとはいえ、根底には島国思考がある。日本に在留する外国人数は250万人で日本の総人口の2%にすぎない。主なコミュニティーは中国人、韓国人、ベトナム人そしてフィリピン人だ」と論じ、安倍政権が今後5年間で最大約34万5000人の外国人労働者受け入れを見込んでいることを紹介した。

スポンサードリンク
そして、「日本は労働力不足を補うため、ロボット化と女性の労働市場参画に賭けている」とし、「医療・福祉」産業で働く人の割合が現在の「8人に1人」から40年に「5人に1人」になるのが望ましいことから、解決策の一つとしてロボットに期待する声が上がっていると紹介した。
https://www.recordchina.co.jp/

テクノロジー変革の時代に突入し始めているのは事実。データ、アルゴリズム、オートメーションが統合されていくことで、革命的な変化となる。とはいえ、ロボットとはいえ、人間型ロボットから様々なロボットが存在するが、新たなビジネスでロボット管理と言う技術職が不可欠となる。ロボットとはいえ、しっかり管理できていなければ、思い通りには動かないわけで、管理業務と言うのは想像以上に重要なビジネスになると考える。その一方で人間が製造していた製造ラインなどはロボットに置き換わるわけで、それはすでに実施されつつある。また受付や介護などでは大いに役立つだろうし、人口の不足分を補う事も可能だろう。しかし管理となると、予想以上の技術者が必要となる。結果として今度はロボット管理技術者が不足するのではと言う懸念がある。

一方海外労働者は、農業にしても様々なロボットを活用し、大きな労力となるだろうし、技術を身につける教育を実施すれば、ロボット管理面の不足分を補う事も可能だ。それには有能な指導力と教育者の育成は不可欠となる。ロボットの日常点検に定期点検も高いレベルを必要とする。テクノロジー変革とともに、人間が実施する業務もまた変革するという事だ。

関連記事

[ 2019年03月30日 18:59 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp