韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国初のF-35がついに韓国に到着、戦闘能力が大幅に向上

韓国初のF-35がついに韓国に到着、戦闘能力が大幅に向上

2019年3月30日、観察者網は韓国メディアの報道を引用し、F-35戦闘機2機が29日午後2時35分、韓国空軍清州基地に無事到着し、韓国は名実ともにステルス戦闘機保有国となったと伝えた。 記事は、聯合ニュースの報道を引用。22日に米軍パイロットが2機のF-35A戦闘機に乗ってアリゾナ州ルーク空軍基地を出発し、ハワイなどを経て1万3800キロ以上を飛行し、途中でKC-135による空中給油を行い、韓国に到着したことを伝えた。

その上で、「今のところ、第3世代と第4世代戦闘機を主力としている韓国空軍の戦術戦略は大きく変わり、空中給油機が就役することで、作戦半径は大幅に広がり、戦闘能力が向上する」と分析した。 記事によると、この2機のF-35Aは4~5月には戦闘力となり、4月以降、ほぼ毎月2機のF-35A戦闘機が韓国に引き渡され、年内に10機以上が就役する予定だという。韓国軍兵士によると、韓国政府の予定通り21年までに40機のF-35Aすべてが導入されるという。

記事は、これに対し、北朝鮮の労働新聞が1月20日、韓国によるステルス戦闘機導入について批判する記事を掲載しており、軍事的な対峙(たいじ)は関係改善の雰囲気を壊すものになると警告していたことも紹介した。

スポンサードリンク
一方で記事は、韓国軍側は当時、戦時の作戦目標や北朝鮮のミサイル脅威、日中ロなどの隣国の状況などを考慮してステルス戦闘機の購入を決定したと説明しており、必要ならばさらに20機のF-35Aを購入する計画もあると伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

日本の航空自衛隊がF-15の後継の主力機として装備しつつあるのが国際共同開発されたF-35A。F-35シリーズは、アメリカのロッキード・マーティン社が製造しているが、開発にはイギリスなど8か国が参加している。多くの国の要求に応えるため、F-35シリーズには、F-16の後継役を果たす通常離着陸機F-35A、ハリアーの後継機役を果たす垂直離着陸機のF-35B、F-18の後継役を果たす艦載型のF-35Cの3種類が用意されている。日本はF-35Aを購入する。またF-35Bを購入すれば護衛艦いずも型に載せて艦載機として運用するとしている。

日本が開発に参加してもいないF-35を買って、性能が高いF-22を買わなかったのかは、アメリカがF-22は機密の塊であるという理由で日本に売らなかったという見方が有力だ。どの国にもアメリカはF-22を売っていない。空の領域において、アメリカは圧倒的な世界1の立場を死守したいという事だろう。 一方の韓国軍は定期点検の不備が多いだけに、現行の戦闘機はすべて万全とは言い難い。重要なときに使用できないのでは、イザと言う時の戦力は大きく低下するが…。

関連記事

[ 2019年04月01日 08:48 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp