韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  過去5年で4倍に! 増加し続ける訪日中国人

過去5年で4倍に! 増加し続ける訪日中国人

2019年3月29日、参考消息網は、英字ウェブメディア「The Diplomat」の記事を引用し、訪日外国人の中で中国人が最も多くなったと伝えた。 記事は公式データによると、訪日中国人は過去5年間で4倍以上増えており、12年の140万人から17年は740万人になったと紹介。これは、中国が韓国を超えて訪日外国人の中で最も多くなったことを意味していると伝えた。

記事によると、北海道のニセコなどスキー観光地を訪れる旅行客が多くなっているという。ニセコに近い俱知安町では、オーストラリアからの旅行客が今でも最も多く、17年度には宿泊延べ数が9万6545泊だったが、この数字は16年と比べると減少した。一方、シンガポール、タイ、米国からの旅行客は増加しており、俱知安町によると、17年に中国から訪れた宿泊客の宿泊述べ数は3万2817泊となり、前年比で74%増となったという。

この理由について記事は、中国政府は22年に北京冬季五輪開催を前にして、「ウインタースポーツ人口3億人」の目標を掲げていることと関係があると分析。中国国内でもスキー場の建設が進められているが、スキー・スノーボード初心者の多くが海外で滑ることを好むのだという。

スポンサードリンク
また記事では、日本にとって訪日中国人はますます重要になっており、安倍首相も中国と関係改善に努力していると紹介。日本政府も旅行客をさらに増加させる目標を持っており、「このような背景があるので、安倍首相が中国との関係において慎重に物事を進めていることも理解できる」と論じた。
https://www.recordchina.co.jp/

訪日韓国人が増加しているが今後どうなるのか…。ソウルと釜山の距離は400km程度となる。東京~名古屋程度の距離しかない。ソウルと福岡 は 500km。この距離感で自分たちの日ごろの生活と異なる環境を味わうことができる。と考えると訪日は生活の一部と答える連中は多いという。韓国の若者は中国が嫌いと言う理由もある。個また国内旅行も選択肢に抽出しない傾向にある。韓国は国土がせまく、人口に著しい偏りがある為、ソウルに住む人は韓国国内の地方都市へ行くことも避ける。すべてが自分の街に揃っているのに、なぜわざわざ地方都市へ…という根本的な疑問があるという。韓国には、日本と比較すると明らかに国内旅行という文化は乏しい。

たこ焼きなら大阪を選び、cafeなら代官山を選び、海なら沖縄を選び、コスパ飲みなら小倉を選び、日帰りなら対馬を選ぶという。今後も直近で政治関係がよくなるとは思っていいないし期待もしていないという。今後も渡航者数、消費金額ともに、堅調に増え続けていくだろうというのが、訪日した韓国人の言葉だ。

関連記事

[ 2019年04月01日 09:05 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp