韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  トランプ氏から冷遇…文大統領の訪米は“屈辱外交”に終わる!?

トランプ氏から冷遇…文大統領の訪米は“屈辱外交”に終わる!?

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4月10~11日に訪米して、ドナルド・トランプ大統領と首脳会談を行う。文氏としては、米朝首脳会談の決裂を受け、今後の方針を擦り合わせたい考えとみられるが、米国では「韓国への不信感」が高まっている。文政権が、米朝間の「仲介役」というよりも、北朝鮮を擁護する「代理人」のような行動を取り、日米韓の連携を壊すような言動を繰り返しているからだ。文氏にとって、今回の訪米は釈明に追われる「屈辱的外交」に終わるとの見方もある。

「両国首脳は韓米同盟をさらに強化し、完全な非核化を通じた朝鮮半島の平和体制の構築に向けた連携について踏み込んだ協議を行う」 韓国の青瓦台(大統領府)の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官は29日、こう述べた。聯合ニュースが報じた。 トランプ氏と、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は2月末、ベトナムの首都ハノイで2回目の首脳会談を行った。トランプ氏は、北朝鮮の「見せかけの非核化」を見抜き、席を蹴って帰国した。

文氏にも、これはショッキングな結末だった。米朝間の「仲介役」を自任し、「北朝鮮には非核化の意思がある」と米国側に伝えてきたからだ。文氏の責任問題に発展しかねない危機だ。

スポンサードリンク
トランプ政権は、北朝鮮の「完全な非核化」を目指し、最大限の圧力を維持している。今月には、北朝鮮による洋上での違法な積み荷の移し替えである「瀬取り」を取り締まるため、沿岸警備隊の大型警備艦「バーソルフ」(4500トン級)を東シナ海に派遣し、韓国に寄港させた。 米韓関係の溝が広がるだけでなく、韓国の孤立化も進んでいる。
http://www.zakzak.co.jp/

記事では、議会でも、文政権の対北宥和政策を厳しく批判する声がある。韓国が日本に対して歴史問題を蒸し返し、海上自衛隊哨戒機にレーダー照射をしたことについても、米国の有力者が問題視している。米国では明確に、韓国への怒りと侮蔑の念が高まっているというが、米国の韓国指導には問題が多い。日本がレーダー照射受けた時点で事の重大さ意を認識するべきで、韓国政府及び韓国軍の横暴に対し、遠目で見ないで、しっかり対応してほしいと思うが…。

これだけ険悪になったのは、無法韓国の放置にも問題がある。米国傘下の韓国である。韓国を切るにしても、現状傘下である以上しっかりと指導するべきである。追従しなければ日米で韓国制裁も必要だろう。

関連記事

[ 2019年04月01日 09:33 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
米国は要求する
「冷遇」というが、文在寅はトランプに呼びつけられての訪米、
トランプには文在寅に要求することが溜まっているようだ、
文在寅が対北経済協力を言い出すスキはなさそうだが、
この人は空気を読めない人だから、開城がとか言い出すかも。
[ 2019/04/01 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp