韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  「Hey Siri、新元号は何?」~音声アシスタントは「令和」を知っているか

「Hey Siri、新元号は何?」~音声アシスタントは「令和」を知っているか

4月1日、菅官房長官より発表された新元号「令和」。スマホの「音声アシスタント」はもう知っているのか、発表2時間後の4月1日13時台に問いかけてみました。

■「Hey Siri、新元号は何?」
iOS/Macの標準音声アシスタント「Siri」の回答は「新しい元号については、日本政府のホームページ等でご確認ください」。正解の元号「令和」は知らないものの、的確な情報ソースを案内する優等生的な回答です。 次に「来年は平成何年?」と聞いてみると「すみません、来年の元号は分かりません。でも、指示していただければwebで検索できます」と答えました。

■「OKグーグル、新元号は何?」
Androidに標準搭載されている「Google アシスタント」は、「新元号は4月1日に発表され『令和』に決まりました」と回答。簡潔ながら知りたい情報をきっちり伝えています。 「来年は平成何年?」には「今年、西暦2019年は平成31年ですが、平成31年は4月30日までで、5月1日から新しい元号に変わります」という的確な回答を返してくれました。

スポンサードリンク
■「アレクサ、新元号はなに?」
Amazonの音声アシスタント「Alexa」に聞いてみると「平成の次の元号は『令和』に決まりました」と的確な回答。さらに、菅官房長官が元号を揮毫させた書を掲げている瞬間の写真を表示しました。ディスプレイ型デバイスに力を入れているAmazonらしく、画像もきちんと用意するという満点以上の回答です。一方、「来年は平成何年?」という質問は「来年は何年」と認識。「来年は2020年です」と西暦で答えてしまいました。
http://news.livedoor.com/

2019-04-01-k001.jpg

私はiPhoneにiPad、そしてアップルウォッチがあるのに、新しい年号を聞くという事すら気が付きませんでしたね~。しかしAmazon音声アシスタントは写真付きで、素晴らしい回答です。 とはいえ「Hey Siri、新元号は何?」と聞いたら、Siriはネットを検索し、正しい情報を得て、画像表示と文書を読み上げてほしいものですが…。

関連記事

[ 2019年04月01日 19:04 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp