韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「ただただ感心するばかり…」韓国メディアを驚嘆させた日本の秩序意識

「ただただ感心するばかり…」韓国メディアを驚嘆させた日本の秩序意識

2019年4月4日、韓国・ソウル新聞は「日本のタクシー運転手の驚きの秩序精神が話題になっている」と伝えた。 記事は約50秒の動画を紹介している。撮影場所は広島県のある駅の前。多くのタクシーが客を乗せるため待機用駐車場に並んで止まっており、駐車場の端には1から9まで番号がふってある。最前列は8番と9番だけにタクシーが止まり、1から7番はすでに客を乗せて出発したため空いている状態だ。これについて記事は「驚きなのは、後列のタクシーが1台も前に移動せず、のんびりと自分の列で待機している点」と指摘している。

その後、最前列の8番と9番が客を乗せて出発し、最前列が全て空いた状態になると、2列目で待機していた9台のタクシーがゆっくりと前に移動し、最前列で静かに待機。記事は「1台として急ぐ様子はなく、前列の9台すべてがいなくなったことを確認してから、順番通りに秩序正しく前に出てきたのだ。動画を見ている間中、驚くことばかりだった」とし、「警察も警備員もいない。タクシー運転手たちの自発的な努力によって生まれた驚異的な瞬間。日本以外の国でこのような姿を見ることができるだろうか。真の先進国らしい姿だ」と感想を伝えている。
https://www.recordchina.co.jp/

スポンサードリンク
日本社会における教育の違いとなる。順番を守るというのはタクシーを乗る時だけではない。あらゆる場所での順番待ちにおいて日本人は、順番をモラルとして守っている。規則を作っても守らない韓国などは、それを守らせるために、また厄介な規制を作る。道徳或いは教育と言う概念がない国の特徴となる。規則に罰則だらけとなり、次第に首が絞まる社会構造が出来上がる。

最近ではぼったくりタクシーに、暴走タクシーと、何とも恐ろしい記事が掲載される韓国だが、日本のタクシーは場所を告げるだけで、後はお任せで問題発生の度合いは極めて少ない。サービスの違い以前に、ルール規則を守るだけでなく、客への対応は、競争激化のタクシー業界では不可欠となる。

関連記事

[ 2019年04月07日 08:28 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp