韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  中国に閣僚6人を派遣する日本、「最悪の韓日関係」の中で日中は着々と改善

中国に閣僚6人を派遣する日本、「最悪の韓日関係」の中で日中は着々と改善

今月中旬、中国北京で開かれる日中ハイレベル経済対話に日本が6人の閣僚を派遣すると日本のメディアが5日、報じた。日本側では河野太郎外相を団長として世耕弘成経済産業相、石井啓一国土交通相、吉川貴盛農林水産相、原田義昭環境相、片山さつき規制改革相が参加する。

中国側では王毅国務委員兼外交部長などが出席する予定だ。 日本のメディアは「6人の閣僚が参加するのは2010年以降初めて」とし「大勢の閣僚が中国を訪れる理由には両国関係が順調に改善されていることを強調しようとする狙いもある」と伝えた。 2007年12月始まった日中経済対話は両国を行き来しながら今まで4回開催された。

3回目の会議だった2010年以降には日本政府の尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化措置などで両国関係が最悪に達し、昨年4月に4回目の会議が開かれた。2007年と2010年(3回)の時は日本で6人の閣僚が参加したが、昨年の会議には4人だけが参加した。

スポンサードリンク
日本のメディアは「今年の経済対話では第3国での経済協力問題、中国の巨大経済構想『一帯一路』の協力案などが協議されるだろう」とし、「李克強中国首相と河野外相間会談も予定されている」と報じた。 この会談では6月と予想される習近平中国国家主席の訪日に対する協議も行われるものと見られる。
https://japanese.joins.com/

2015-04-23-abe.jpg

今の韓国に日本から閣僚を派遣する事などありえない。韓国から韓国大統領と幹部が謝罪とともに訪日することはあっても、日本から訪韓などありえない。まして日本は韓国を助けるだけで、何のメリットもない国だけに、新しい年号を傷つけるような韓国を相手にはしないだろう。一方中国は今後日本との協力体制は強化される。日本経済も停滞する中で、ともに経済の糸口を見つけることは不可欠となる。米国への圧力にもなるわけで、日本の防衛と安全を考慮しても、日中関係は重要だ。

関連記事

[ 2019年04月07日 12:05 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(1)
韓国は必要で無い国
日中はいがみ合う事が有ってもお互いに必要な国である。
卑劣な韓国は日本にとって有害なだけで必要が無い。
さっさと国交を終了すべきだ。
[ 2019/04/07 13:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp