韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  フッ化水素の90%が日本製…輸入途絶えれば韓国の半導体に「致命打」

フッ化水素の90%が日本製…輸入途絶えれば韓国の半導体に「致命打」

日本は経済的に韓国と利害関係が最も合致する国だ。韓国が先端素材部品を輸入して加工した上で高付加価値完成品にして世界に輸出するためだ。代表的な製品が半導体だ。

だが今年に入り輸出と輸入が萎縮し、日本との貿易も減少の一途にある。今年1-3月期の対日貿易減少率は輸出が6.2%、輸入が14.6%に達する。韓国は毎年日本との貿易で200億ドル以上の赤字を出している。このため輸入減少は貿易赤字緩和につながり望ましいことではないかともいえるが、必ずしもそうではない。日本から輸入する製品の相当数が主力産業になくてはならない素材、部品、原材料などだからだ。

韓国貿易協会が7日に明らかにしたところによると、2018年基準で日本は韓国の輸出相手国5位、輸入相手国3位で、中国と米国に次ぐ3位の貿易相手国だった。日本にとって韓国は輸出相手国3位、輸入相手国4位で、やはり米国と中国に次ぐ3位の貿易相手国だった。韓日両国は切っても切れない経済協力関係にあるといえる。

スポンサードリンク
昨年韓国は半導体製造装備を188億1000万ドル相当輸入したがこのうち日本製は61億9000万ドル相当だった。全体の32.9%に達する。米国製の25.7%、オランダ製の22.9%より割合が高い。 半導体製造用精密化学原料は日本からの輸入割合が41.9%になる。精密化学原料の中でもフッ化水素は半導体洗浄に必須のもので90%以上を日本から輸入している。業界のある関係者は「フッ化水素をまともに作れる国は日本以外にほとんどない。サムスン電子、SKハイニックスなども日本製を使っている」と伝えた。
https://japanese.joins.com/

工業的に使用されるフッ素(フッ化物)は、CaF2 を主成分とする蛍石を出発原料としている。世界の生産量の 6 割以上を中国が占めている。日本国内でフッ化水素の製造を行っているのは、セントラル硝子、旭硝子、三菱マテリアル電子化成の3社である。 液晶ガラス及びステンレス洗浄用にも 55%フッ酸が利用されている。これは、輸入した 99.9%のフッ化水素を 55%の水溶液としたものである。元々はステンレス等の酸洗浄で利用されていたが、現在ではLCD 用ガラスの薄化での需要比率が高い。特に直近ではモバイル向けの液晶用が好調であり、55%フッ酸の需要も増加している。ステンレス洗浄では、上述した半導体用で使用された高純度フッ酸の廃液の再利用が進んでおり、55%フッ酸の需要量が減少している。高純度フッ酸及び 55%フッ酸の国内主要生産企業は、ステラケミファと、森田化学工業の 2 社である。

従って、蛍石を日本企業が中国から輸入し、半導体製造用の高純度フッ化水素を日本企業が製造し、輸出する相手国は 9 割以上が韓国となる。日本企業と中国企業との合弁会社で、中国でも製造を実施しているはず。

関連記事

[ 2019年04月08日 16:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp