韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  安倍内閣は米朝会談決裂の可能性を察知していた…韓国と対照的

安倍内閣は米朝会談決裂の可能性を察知していた…韓国と対照的

日本の安倍内閣が、今年2月にハノイで行われた米朝首脳会談が決裂する可能性をあらかじめ把握していたことが7日までに分かった。また、韓国大統領府(青瓦台)が米朝間の異常なムードを会談前に感知していなかった点について、日本が疑問に思っていたことも確認された。

東京にいる複数の外交筋によると、安倍内閣は米国務省のビーガン特別代表が2月6日から訪朝し、北朝鮮の金赫哲(キム・ヒョクチョル)国務委員会対米特別代表と協議した後から、米朝間に異常な空気が流れていることを把握した。ハノイの首脳会談準備のために訪朝したビーガン特別代表に対し、北朝鮮は自分たちの考える「寧辺の非核化」ばかり主張したため、日本は「首脳会談が決裂する可能性」に関する情報を集め始めたのだ。日本は主に米国にある日本大使館を通じて情報を集めたという。

安倍内閣はさらに、2月22日からハノイで開催されたビーガン氏と金赫哲氏の最後の協議でもただならぬ空気が流れていることを感知した。そのため安倍内閣は会談決裂に備え、決裂した場合のさまざまなシナリオを想定して準備を進めたという。

スポンサードリンク
一方の韓国大統領府は、2月28日にトランプ米大統領が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長との会談で「北朝鮮は米国の望む非核化を実施する準備ができていなかった」として会談を決裂させることを、全く予想していなかった。韓国大統領府は会談決裂の30分前に「南北対話が再び本格化すると予想している」と発表したが、直後にトランプ大統領が一方的に会談場を後にしたとのニュースが流れ、慌てふためいた。
http://www.chosunonline.com/

そもそも北朝鮮が核放棄するのか…。と考えればすぐ答えが出るだろう。70年間も米国を恨んできたわけで、同時に米国からの攻撃に恐れをなして過ごしてきた70年間でもある。自国防衛が核開発しかないと考えている北朝鮮である。挙句に今まで非核化は失敗してきた経緯があるわけで、今回も無理であることは普通に考えれば答えは出そうだが…。

韓国外交部は米朝首脳会談前に異常の兆候を報告したのに韓国大統領府が黙殺した可能性がささやかれていると記事で報じているが、異常の兆候と言う概念がなかったというのが正しいだろう。

関連記事

[ 2019年04月09日 09:11 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp