韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ウォン相場1ドル=1145ウォン…18カ月来の安値水準

ウォン相場1ドル=1145ウォン…18カ月来の安値水準

ウォンの価値が3日連続で下落し1年6カ月来の最安値を記録した。8日のソウル外国為替市場でウォン相場は1ドル=1144.7ウォンで前日より8.1ウォンのウォン安となった。終値基準では2017年9月29日の1145.4ウォン以来の安値水準だ。

米国など主要先進国の景気鈍化で安全資産であるドルを求める投資家が増えた点が主要因に挙げられる。この日ノルウェーの政府系ファンドが韓国など新興国債券をベンチマーク(収益率評価基準)から除外することにしたという知らせもウォン下落をあおった。これに対し洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相は「ノルウェー政府系ファンドが持つウォン建て債券規模は6兆ウォン(約5890億円)に満たない水準で国債全体の1%に満たない」と話した。

上場企業の株主総会シーズンが終わり外国人株主がウォンで受け取った配当金をドルに替えて海外に送金する需要が増えた点もウォンの安傾向の原因と分析される。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
2019-01-13-k001.jpg

ウォン安は、韓国経済にとっては非常に歓迎すべき状況となる。韓国経済はGDPの輸出依存度が高く、韓国は毎年、巨額の貿易黒字を稼いでいる。為替相場がウォン安となるほどに、輸出企業にとっては有利にはなる。ところが、海外からの外貨での借金が膨らみ、最悪の場合は通貨危機となりかねない。今の韓国はウォン安は起業にとっては利益獲得上重要だが、負債と言う面で見れば、政府は借金外交が主であるから、経済低迷における輸出低下でのウォン安は注意が必要という事だ。

私は1ドル 1150ウォンが危険水域とみているので、その値に近づくほどに危険度が増すことになる。今後の海外投資家の動きがカギを握ることになる。韓国政府の金融政策では、外貨準備高の流動性の高い金額が少ないだけに、結果ドル不足となれば、日本とのスワップを打ち切った韓国は不利となる。

関連記事

[ 2019年04月09日 09:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp