韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済、効率性が低下…労働生産性増加率7.9%→2.2%

韓国経済、効率性が低下…労働生産性増加率7.9%→2.2%

韓国経済の効率性が落ち、金融危機以降、製造業の労働生産性増加幅が大きく下落していることが分かった。韓国経済のエンジンである主力産業の技術競争力が急速に低下する状況だ。

韓国銀行(韓銀)の「調査統計月報」に掲載された「産業別労働生産性変動要因分析」によると、世界金融危機以前(2001-2007)に年平均4.2%だった労働生産性増加率は金融危機以降の2011-15年には2.1%へと半分に落ちた。経済協力開発機構(OECD)平均下落幅(0.9%ポイント)を大きく上回る。

労働生産性増加率の下落を主導したのは製造業だ。同じ期間、製造業の労働生産性は金融危機以前の7.9%から金融危機以降は2.2%へと大幅に落ちた。サービス業(2.5%→2.3%)と比較しても下落幅が大きかった。

カン・テス韓銀調査局展望模型チーム長は「労働生産性の増加率が落ちたというのは、労働生産性が低いという意味ではない」とし「製造業の労働生産性増加率が大幅に下落したが、製造業の労働生産性水準(1時間あたり4万199ウォン)は依然としてサービス業(2万21ウォン)の倍を上回る」と説明した。

スポンサードリンク
とはいえ、製造業の労働生産性増加率の低下は韓国経済に対する懸念を強めている。輸出主力産業が密集した高位技術(半導体、ディスプレー、携帯電話)と中高位技術(機械、自動車、船舶など)産業を中心に労働生産性増加率の下落が目立つからだ。 報告書によると、金融危機以降、労働生産性増加率は高位技術が7.7%ポイント、中高位技術が6.5%ポイントも下落した。
https://japanese.joins.com/

中央日報は、 主な原因は全要素生産性増加率の弱化と分析されたと報じている。金融危機以降、製造業の労働生産性が落ちた(-5.7%)最も大きな理由は、全要素生産性増加率(-4.5%)の弱化だったとした。報告書は「製造業の生産性改善のために先導産業の発掘と革新創業を支援する一方、規制緩和と構造改革を通じて労働と資本が効率的に配分されるよう誘導すべき」とし「雇用硬直性の緩和と雇用形態の多様化を模索する一方、限界企業に対する構造調整も続ける必要がある」と指摘したと伝えている。

何かわかったような…、わからないような…、まとめである。製造業の1時間あたりの労働生産性も他国を大きく下回っているというが、労働生産性とは、「産出(労働の成果)」を「労働量(投入量)」で割ったものである。つまり、「労働者1人あたりが生み出す成果」あるいは「労働者が1時間で生み出す成果(付加価値)」の指標となる。全体の仕事量が減少しているにもかかわらず、働く時間労働が同じであれば、労働生産性は低下する。

関連記事

[ 2019年04月09日 15:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
労働の「質」の競争か
>労働生産性の増加率が落ちた
という観点で論じるなら、韓国の現場労働はこの先、
途上国の追い上げと戦えるか、という問題でしょう。
記事のライターは負けそうだという不安からこの記事、

韓国メーカはどこで作っているか、
記事が言う「高位技術」の3製品の主力工場は、
サムスン半導体 中国西安
LGディスプレイ 中国広州
サムスンスマホ ベトナム

>優秀なベトナム人材に目を付けた、サムスングループ
などと報道する記事もある。
[ 2019/04/09 18:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp