韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  “建国”祝うはずが…文在寅大統領、式典欠席し訪米 北に振り回され

“建国”祝うはずが…文在寅大統領、式典欠席し訪米 北に振り回され

訪米を前に文氏は9日の閣議で「大韓民国臨時政府は韓国のルーツであり、今の韓国を作った原動力だ」と強調。「三・一運動で誕生した臨時政府は解放まで日本に立ち向かい、自主独立運動の中心として使命を果たした」と語った。

文氏は昨年9月の南北首脳会談で、三・一運動の100周年を南北共同で記念することで合意。だが、念願の民族共同行事を北朝鮮側は直前に断った。臨時政府記念日の南北歴史共闘も一時は取り沙汰されたが、建国を1948年9月9日と定める北朝鮮は、そもそも臨時政府設立に冷ややかだ。北朝鮮にとって正統な歴史は、金日成(イルソン)主席の抗日革命史しかないためだ。

韓国の左派が期待していた歴史をめぐる今年の南北の対日共闘は霧散したに等しい。結果として文氏は、2月の米朝首脳会談の物別れを受け、再び米朝の間で困惑し、北朝鮮に振り回されている状況だ。

スポンサードリンク
三・一運動記念日の式典では文氏が演説で「親日清算」を訴えたが、11日夜に予定されている臨時政府樹立100周年の式典は、その重要性を最も強調している大統領が皮肉にも不在となる。三・一運動の記念日同様、先人たちの「抗日」をたたえる内向きの記念日に終わりそうだ。
https://www.sankei.com/

三・一運動は、1919年3月1日に日本統治時代の朝鮮で発生した大日本帝国からの独立運動。一方 日本統治時代の朝鮮は、、1910年8月29日の大日本帝国による韓国併合から、1945年9月9日の朝鮮総督府による対連合国降伏まで、35年間続いた。日本ではこの時期を日本統治時代と呼んでいる。

日本と戦争をしないで無条件降伏した挙句に、独立運動した日を祝うというのも情けない話に聞こえる。なぜなら三・一運動から25年以上も日本統治時代が続いたわけで、それを祝う韓国と言うのは歴史認識にズレがある。日本と戦争した結果の日本統治ではない。初めから戦うのを避け、無条件の降伏であるから、その時点でズレているのでは…。

関連記事

[ 2019年04月10日 19:00 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp