韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  菅官房長官「在韓日本大使館の建築、外務省で検討、調整中」

菅官房長官「在韓日本大使館の建築、外務省で検討、調整中」

菅義偉官房長官が在韓日本大使館の建築許可を延期しなかったことについて「外務省が検討、調整中」と述べた。

菅義偉官房長官は10日午後の定例記者会見で、ソウル鍾路区(チョンノグ)が在韓日本大使館の建て替え工事の建築許可を3月に取り消したことに関する質問にこのように答え、「建築計画の詳細は、行政機関内部の検討過程にかかわることなので差し控えたい」と述べた。

鍾路区が10日に明らかにしたところによると、先月4日に日本大使館に建築許可の取り消しを通知したという。2015年に建築許可を出してから4年ぶりだ。鍾路区は昨年、日本大使館に工事を始めるよう公文書を数回にわたり送付したという。しかし日本大使館側はいかなる反応も見せず、2月に建築許可を放棄した。

スポンサードリンク
外交関係者の間では日本大使館前に設置されている少女像と水曜集会が影響を及ぼしたとみている。また、昨年末の哨戒機レーダー照射から始まった韓日関係の悪化が関係しているという分析もある。
http://news.livedoor.com/

2019-04-11-k001.jpg

この問題は何年も前からの事で、慰安婦合意で加速した。当時日本大使館老朽化で、新しく建てるビルの高さまで制限されたはずで、隣ののビルより低くされた経緯がある。この状態は修復されずに今日まで来ているわけで、仮に建築されても、日本大使館はみすぼらしくなるだろう。慰安婦問題で合意に達した2015年、ソウル市当局は新しい6階建ての大使館の建築許可を出したが、工事は何度も延期されたというが、高さ制限は反日行為を受けた形だ。

昨年、日本大使館に工事を始めるよう公文書を数回にわたり送付したというが、高さ制限を受けた状態で、慰安婦像撤去も行われず、哨戒機レーダー照射事件で、とどめ打ちという事だろう。日本大使の撤退もありうるという姿勢だ。

関連記事

[ 2019年04月11日 12:37 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp