韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  福島水産物禁輸の韓国、日本との紛争でWTO勝訴

福島水産物禁輸の韓国、日本との紛争でWTO勝訴

韓国が福島など8県産の水産物輸入を禁止している措置をめぐり、韓日で貿易紛争が起きている問題で、韓国が事実上、勝訴した。

世界貿易機関(WTO)=スイス・ジュネーブ=の最終審に当たる上級委員会は11日(現地時間)、日本が起こした福島など8県産の水産物輸入禁止措置提訴で、一審に当たる紛争処理小委員会(DSB)パネルの判定を覆し、韓国の措置が妥当であると判定した。2011年に原発事故が起きた福島県近海で獲れた水産物を韓国が輸入禁止にすることは恣意(しい)的な差別には該当せず、不当な貿易制限でもないと判断したものだ。

DSBパネルは昨年2月、韓国の輸入規制措置が日本産食品に対する差別であり、必要以上に貿易を制限しており、WTO衛生および植物衛生協定に反するとして日本の主張を認めていた。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
2019-04-12-k001.jpg

パネルの判断はWTOの検疫関連協定の解釈に誤りがあると指摘。韓国の措置について「必要以上に貿易制限的」としたり、日本を不公正に差別したりしたものとはいえないとした。 また、韓国政府が消費者保護のためにどのような措置を取れば適切かは判断できないとし、食品で許容できる放射線レベルなど安全性の問題でも見解を示さないとした。

WTOの判定により、2013年9月福島県を含む8県(福島・茨木・群馬・宮城・岩手・栃木・千葉・青森)で水揚げ・加工された28魚種の水産物に対して下された輸入禁止措置は今後も維持することになる。日本がWTOに提訴した国は韓国が唯一だ。昨年4月、韓国の上訴で始まった最終審でも、韓国が敗訴する可能性が高いという見方が支配的だった。WTO上級委員会で判定が覆ったことは異例だ。反日加速の起爆剤となる可能性もあるだけに、日本政府は慎重に見守る必要がある。


関連記事

[ 2019年04月12日 09:03 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp