韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代・起亜自動車の電気自動車販売 1~3月期に急増

現代・起亜自動車の電気自動車販売 1~3月期に急増

韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車の電気自動車(EV)の販売が昨年の2.6倍に増え、エコカー販売の成長をリードしている。現代と起亜によると1~3月期の両社のハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、EV、燃料電池電気自動車(FCEV)などエコカー18種の国内と海外の販売台数は7万5242台で、前年同期の6万2590台より20.2%増加した。国内販売は2万540台で17.2%増、海外販売は5万4702台で21.3%増加した。

このうちEVの販売台数は2万1148台で、前年同期の8152台より159%増え、高い伸びを示した。国内販売台数は同53.9%増の4986台だった。海外販売台数は1万6162台で前年同期(4905台)に比べ3倍以上急増した。新モデルの販売が本格化した影響とみられる。エコカーに占めるEVの割合は28.1%で、前年同期(13.0%)の2倍に高まった。HVが中心だった現代と起亜のエコカーは2014年からEVの販売が本格化し、15年に初めてHVの割合が80%台に下がり、EVが占める割合が15.7%を記録した。

スポンサードリンク
16~17年はPHVの人気によりEVの割合が10%までに落ち込んだが、昨年発売された小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「コナ」と小型クロスオーバーSUV「ニロ」のEVモデルの好調で21.1%に上昇した。 両社の関係者は「エコカーの競争力を確保するためHVからRV、FCEVに至るまで開発を進めている。SUVを好む人が増え、EVの販売はコナ、ニロ、ソウル(SOUL)などを中心に拡大されるだろう」との見通しを示した。
http://news.livedoor.com/

2019-04-14-k001.jpg

現代自も起亜自も自動車販売台数としては、台数が少ないだけに厳しい状態と言える。米国の自動車販売台数をみても、現代自も起亜自もマツダと肩を並べる程度。エコカーへの移行が加速する中で、もともとエコカー販売台数が少ない韓国企業は、エコカー販売台数が伸びなければ致命的だ。特に中国市場で加速するわけで、乗り遅れればとどめ打ちとなる。1-2月期の中国自動車販売台数は、韓国企業は昨年同期と比較し、マイナス16%である。2月期だけ見れば+6%。

関連記事

[ 2019年04月14日 19:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp