韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  水産物訴訟を裏返した韓国、大騒ぎとなった日本

水産物訴訟を裏返した韓国、大騒ぎとなった日本

福島周辺地域の水産物輸入禁止を巡って韓国と日本が繰り広げた貿易紛争で、韓国が勝訴したことで、福島を含む東北地方8つの県の水産物が今後も、韓国の食卓に上がることができなくなった。

11日(現地時間)、世界貿易機関(WTO)の上訴機構は、日本が韓国の福島水産物輸入禁止措置は「恣意的差別」と主張して提訴した件について、「WTO協定に合致する規制だ」という上訴判定報告書を公開した。昨年2月、日本の肩を持った1審の判定を覆したのである。2審制であるWTOの衛生・植物衛生協定の紛争で1審の結果が覆されたのは今回が初めてだ。

上訴機構は、水産物そのものから検出される放射能だけでなく、原発汚染水にさらされたと推定される周辺環境までを考慮して、包括的に輸入を禁止すべきだという韓国主張を受け入れた。これに先立って1審は、水産物そのものが放射能に汚染されていなければ、輸出禁止はできないと決定した。

スポンサードリンク
WTOの決定により、2013年から続いてきた福島水産物全面輸入禁止は今後も続く。政府は12日、政府世宗(セジョン)庁舎で記者会見を開き、「輸入規制は恒久的で、引き続き維持される」と明らかにした。
http://japanese.donga.com/

記事では、勝訴を予想していた日本政府と漁民は衝撃に陥ている。日本政府は、輸入規制が最も厳しい韓国を相手に勝訴後、他の国々と個々の交渉を行う予定だったというが、外務大臣談話として、上級委員会は、韓国が輸入制限措置を強化した際の手続に瑕疵があったことについては、パネルの判断を支持し、WTO協定に非整合的であるとの判断をしたことは評価していると掲載している。さらに、我が国としては、上級委員会報告書の内容を分析し、今後の対応を検討するとしている。詳細はこちら

現在、19カ国が輸入を規制をじっししているわけで、韓国以外の国の規制を解く努力が先だっただろうと思うが…。その結果をもっと韓国に臨まないと無理だろう。日本政府の戦略ミスと言える。

関連記事

[ 2019年04月15日 08:52 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp