韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  国産技術で開発された着陸誘導レーダー…韓国空軍、初めて実戦配備

国産技術で開発された着陸誘導レーダー…韓国空軍、初めて実戦配備

韓国の国産技術で開発された着陸誘導レーダーが33年ぶりに外国製に代えて韓国空軍に初めて実戦配置された。軍は国産化を通じて装備の運用性がさらに向上するだろうと期待している。

15日、防衛事業庁によると、先月末に国産精密接近レーダー(PAR、Precision Approach Radar)が空軍第1戦闘飛行団に配備された。PARは航空機を着陸地点まで誘導して安全に着陸できるように補助する装備だ。航空機が滑走路の方向約36キロメートルまで接近すると、管制官は該当のレーダーを通じて航空機の飛行移動位置やルート、着陸角度などの情報を分析した後、着陸を安全に誘導する。悪天候や航空機計器の着陸装置に異常が発生した時に特に役立つと防衛事業庁は説明した。

1986年から最近まで、米レイセオン社のPARを使ってきた軍当局は、7年前に国産化の開発をスタートさせた。空軍が30年以上運用している老朽化した外国製レーダーと交換するために、2012年11月に政府とLIGネクスワンが約200億ウォン(約20億円)を共同投資して研究開発に着手した。

スポンサードリンク
研究は2015年末に終わった。難しい技術のため、該当レーダーの開発には通常5年以上かかるが、韓国は3年2カ月で開発に成功した。防衛事業庁関係者は「世界でPARを独自技術で開発できる国はいくらもない」とし「米国、イタリア、チェコ程度だと把握される」と話した。
https://japanese.joins.com/

航空機を地上のレーダーで探知し、管制官が音声によって誘導し、着陸させる地上誘導着陸方式(GCA)がある。PARという精密進入レーダーとASRという空港監視レーダーを使い、航空機の滑走路への進入から着地までを監視。グランドコントロールの管制官が、無線電話を通してパイロットに直接音声で指示を出して誘導する方式。

航空機に計器着陸装置(ILS)を搭載し、着陸を始めたときに、地上にある無線誘導施設から指向性電波を送り、滑走路への進入経路を指示する方法がある。ILSは3つの装置で構成され、滑走路の中心線を示すローカライザーや適切な進入角度を示すグライドパス、進入路の一定の位置から電波を放って滑走路までの距離情報を知らせるマーカーという3種類の電波を使う方法。

日本ではほとんどの民間機がILSを搭載して飛行しており、ILSを搭載することができない軍用機などがGCAによる着陸誘導を受けることになる。近年、計器着陸装置(ILS)に代わるGPS衛星を利用した次世代着陸誘導システムとして、「地上型衛星航法補助システム(GBAS)」の研究が進められている。

関連記事

[ 2019年04月15日 16:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp