韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の輸入車市場で日本車がシェア20%奪還

韓国の輸入車市場で日本車がシェア20%奪還

韓国の輸入車市場で日本車のシェアが3月までで20%を超えた。 韓国輸入自動車協会(KAIDA)が14日に明らかにしたところによると、今年に入り3月までで日本車は全輸入車市場5万2161台のうち1万1585台で22.2%を占めた。

日本車は2001年に初めて韓国市場に進出し、初年度に10.9%のシェアを記録した。その後2002年に18.4%を記録したのに続き2003年が19.4%、2004年が29.3%、2005年が29.4%、2006年が30.1%、2007年が33.0%、2008年が35.5%でピークとなり7年連続で成長を続けた。 しかし金融危機があった2008年からは下降線を記録し、2010年の26.4%を最後に20%以上のシェアを記録できず、昨年は17.4%を記録した。

日本車の躍進はハイブリッド車人気によるものとみられる。3月基準で韓国で多く売れた輸入ハイブリッド車上位10モデルのうち9モデルが日本車だった。トヨタ「カムリ・ハイブリッド」、ホンダ「アコード・ハイブリッド」などが人気を得ている。
https://japanese.joins.com/

スポンサードリンク
日本車のシェアは15.7%から22.2%に上昇。日本車は1月が20.6%、2月が21.2%、3月が24.1%と上昇傾向にある。先月に輸入車を購入した4人に1人が日本車を選んだという事になる。2015年9月に米環境保護局によって暴かれた独VW社のディーゼルエンジン排出規制不正事件後でも韓国人気が目に見えて衰えることは無かった。そんな中、「レクサス」をはじめトヨタ自動車、ホンダも輸入車販売台数でここ数年10位圏内に入るなど健闘を続け、2016年8月に韓国でVWとアウディ車の一部人気モデルの販売が中断されると、「レクサス」は一気に3位に躍り出た。

2018年、トヨタとレクサス、ホンダ、日産、インフィニティなど日本の五つの自動車メーカーが韓国で販売した自動車は4万663台に達する一方で、現代自動車など韓国自動車メーカーが日本に乗用車は5台となる。日本国内での輸入車の壁は厚く高い。日本に派遣された韓国の公共機関でさえも韓国の乗用車を買わないという。一方、韓国内輸入車市場でドイツのブランドの相次ぐゲートで日本車選好度が高まっている。

関連記事

[ 2019年04月15日 16:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp