韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  スマホ市場でファーウェイの猛追受けるサムスンが物量作戦?価格競争?

スマホ市場でファーウェイの猛追受けるサムスンが物量作戦?価格競争?

2019年4月16日、中国メディアの参考消息網は、韓国サムスン電子について「世界のスマートフォン市場で中国のファーウェイの猛追を受け、クレージーな力比べを再び始めた」と報じている。

それによると、サムスン電子が10日、タイ・バンコクで回転式カメラを搭載した低価格スマホの新製品「Galaxy A80」を発表したことについて、韓国・朝鮮日報(電子版)は12日付の記事で、「この製品は、サムスン電子が今年に入ってからの約100日間にリリースした14番目のスマホだ。今年後半に発売予定のGalaxy Note10について、内部ではスクリーンサイズの異なる2種類のモデルを投入する案が検討されている。今月に米国で発売される折りたたみ式スマホのGalaxy Foldを含めると、今年は20種類を超える新製品が登場すると予想される」と伝えた。

そして、サムスンがこうした物量作戦を仕掛けるのは「世界のスマホ市場の販売台数1位を死守するため」「ファーウェイをけん制するためのカード」などと指摘した。

スポンサードリンク
さらに、「2年前には、サムスン(21.1%)とファーウェイ(10.1%)の市場シェアの差はダブルスコアレベルだった。だが昨年末には2ポイント台にまで縮まっている」とし、サムスン関係者が「中低価格帯で追い付かれてしまうと、堤防が崩れるように市場の雰囲気が一気に転倒するという切迫感がある」などと話していることも伝えた。
https://www.recordchina.co.jp/

サムスンの折り畳みスマホは売れない。各社の新製品もネタ切れであるから、加速的に売れる事はない。一方新興国となる東アジアでは、やはり中国スマホが流行りだしている。7インチに迫る大きな画面が人気だ。性能の高さと金額も安いわけで、安くて良ければそれでよいという単純な答えが返ってくる。例えばインドネシアでは、いまだ韓流ドラマや、或いはネットカラオケにYouTubeなど、動画利用のアプリが増加し、それらを楽しく見るためには、やはり大きめの画面が必要となるようだ。従って7インチ級のスマホが増加している。また最近では、年収と比較してもスマホは高いのだが、それでもSIMを取り換えて、家族専用、或いは友人専用と分けている人も多い。

一方日本では格安スマホがピークとなり、アップルの中級機種が増加し、機種が増えすぎた事で選択が逆に難しくなったという実態もある。タブレットも同様。あるとあらゆる画面サイズを用意したという形になったが、我々からすれば逆に難しくなった気がするが…。

関連記事

[ 2019年04月17日 09:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp