韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  クアルコムと手を組んだアップル、「5G三星」の追撃に出た

クアルコムと手を組んだアップル、「5G三星」の追撃に出た

米国の「情報技術(IT)巨人」の間における30兆ウォンの特許訴訟が、裁判初日に劇的合意で妥結した。アップルとクアルコムは16日(現地時間)に声明を出して、「特許訴訟と関連して合意に達しており、世界的に起こされた様々な訴訟も一括取り下げすることにした」と発表した。

これにより、2017年1月にアップルがクアルコムを相手に訴訟を起こしたことで始まった両社の特許紛争は終止符を打った。早ければ今年中にアップルがクアルコムの第5世代(5G)モデムチップを搭載した初の5Gアイフォーンを発売できるという見通しも出ている。

グローバル電子業界は、米国を代表する二つのIT企業が新たに開かれた5G市場で、これ以上押されないために「崖っぷち決戦」の代わりに「和解」を選んだと解釈している。三星(サムスン)電子が今月初め「ギャラクシーS10の5G」モデルを世界で初めて発売して5G市場に参入したことで、アップルの危機感が高まったという。

スポンサードリンク
特にドナルド・トランプ米大統領が連日、5G市場の先取りを強力に要求している中、米企業同士がこれ以上戦ってはいけないという雰囲気も影響を及ぼしたという解釈も出ている。韓国国内電子業界の関係者は、「トランプ大統領が『5G競争で必ず勝利しなければならない』というメッセージを連日出しているだけに、両社は急いで合意せざるを得なかったのだろう」と説明した。
http://japanese.donga.com/

アップルはクアルコムとの間に存在するすべての訴訟を取り下げ和解すると発表した。アップルはクアルコムへ料金を支払い、6年間(2年の延長も可能)のライセンス契約を結ぶことになる。また、クアルコムから複数年のチップセットの供給も受けることになる。アップルの「5G通信」に対応したモデムチップの調達において、アップルはクアルコムからモデムチップを購入できないことで、5G通信対応の新型iPhoneの投入が遅れることが予測されていた。だが、今回の和解により、アップルは堂々とクアルコムから5G通信対応のモデムチップを購入することが可能となる。

すでにサムスンなどは5G通信対応スマートフォンを投入しているが、アップルも年内か来年はじめには5G通信iPhoneを投入できる可能性が出てきた。今回の報道にあわせたように、インテルは5G通信対応モデムからの撤退を発表している。インテルからの部品調達が不可能になった事で、今回の和解をアップルが進めたとの懸念もあるが…。

関連記事

[ 2019年04月18日 09:23 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp