韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  中国赴任は「ハズレくじ」?韓国が在中国大使の等級を下げた理由

中国赴任は「ハズレくじ」?韓国が在中国大使の等級を下げた理由

米華字メディア・多維新聞の15日付の記事によると、韓国の朝鮮日報は、韓国外交部は昨年10月に北京にある韓国在中大使館の等級を「甲級」から「乙級」に引き下げ、今年に入ってからはその変更がすでに適用されていることを伝えた。 14日に報道された朝鮮日報によると、韓国・聯合ニュースが報じた韓国外交部の官僚の談話からこの情報は事実であることが分かっているが、この『降格』に政治的な意図はなく、目的は若い外交官を中国に赴任させることにあるとみられている。

朝鮮日報は、「韓国外交部の規定で、韓国の在外公館は現地の治安や気候、物価、病気の流行状況といった生活条件に基づいて『甲』『乙』『丙』『丁』の4段階にレベル分けがなされている。『甲』級の在外公館は主にワシントン、東京、ロンドンといった大都市に、『乙』級は中・東欧や東南アジア地域に、『丙』級はモスクワや南米諸国に、『丁』級はアフリカや中東、西アジア、南アジア地域に多く位置している。かつて韓国在中大使館は、在米大使館、国際連合韓国政府代表部、OECD韓国政府代表部と並んで4大『甲1級』大使館であるとみなされていた」と伝えた。また、「外交部は『赴任地等級別ルーティーン』制度を採用しており、『甲』級の在外公館での任務が終わった後は必ず『丁』級の在外公館に派遣される」とも説明した。

スポンサードリンク
(中略) 韓国のある外交官は個人的に「在中大使館の人気がなくなったのは、大気汚染と物価の上昇が理由だ」と話しているという。同外交官は「北京の空気汚染レベルの平均値は平均してソウルの2倍だ。
https://www.recordchina.co.jp/

朝鮮日報は、北東アジア外交戦争が熱いとし、経験豊かなプロたちがその先鋒に立っていると報じている。9年ぶりに交代が決まった駐日中国大使は日本勤務だけで25年の経験がある。中国は「最高の日本専門家」を育てるために留学から46年を投資した。また北京にいる米国大使は習近平国家主席と30年以上の縁を持つ。北京にいる日本大使も中国通だ。一方、韓国政府は中国語が一言もできない人を立て続けに大使として北京に派遣した。そうでなくても中国は韓国大使を相手にしないと伝えている。

韓中外交或いは韓中貿易を活性化するとしているもかかわらず、中国語ができない人材を大使として派遣したうえに、中国は韓国大使を相手にしないというのでは、開いた口が塞がらないが…。韓国政府は中国貿易活性化となる組織編成を実施するとしたにもかかわらず、口で言うのと行動がまるで違うのでは、今後中国はますます韓国を相手にしないだろう。

関連記事

[ 2019年04月18日 12:49 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp