韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代車、グローバル事業担当社長にゴーン前日産自動車会長の側近を任命

現代車、グローバル事業担当社長にゴーン前日産自動車会長の側近を任命

現代自動車はグローバル最高執行責任者(COO)職を新設し、日産のチーフ・パフォーマンス・オフィサー(CPO)を務めたホセ・ムニョス氏を任命すると19日、明らかにした。 ムニョス氏は、現代車米国販売法人長と北米圏域本部長も兼職することになり、翌月1日に就任する。 ムニョス氏は現代車グローバルCOOとして全世界の販売と生産運営最適化、収益性など全般的な実績改善と事業戦略高度化を主導する役割を果たすことになる。

1989年プジョー・シトロエンのスペインディーラーとして自動車業界で仕事を始めたムニョス氏は大宇(デウ)自動車イベリア法人のディーラーネットワークチーム長を経て1999年にトヨタ欧州法人の販売・マーケティング担当となった。2004年に日産に合流したムニョス氏は、欧州法人の販売・マーケティング担当とメキシコ法人長、北米法人長などを経てCPO兼中国法人長を歴任した。 ムニョス氏は「収益性基盤の持続成長牽引(けんいん)と全体サプライチェーンの管理、ディーラーとの共生ソリューションの摸索など、持てる力を発揮して現代車が自動車と技術分野で最高の成果を出せるように取り組んでいきたい」」と明らかにした。

スポンサードリンク
ムニョス氏は最近、日本検察に再逮捕されたカルロス・ゴーン前日産自動車会長の側近として知られている。
https://japanese.joins.com/

現代自は、苦戦が続く「北米市場の販売回復に集中して手腕を発揮することに期待しているという。米国と中国の2市場がふるわず、2018年12月期まで6年連続で営業減益となった。海外市場に精通した人材を外部から登用し、巻き返しを目指すという事の様だ。ムニョス氏は、日産で中国など重点市場での戦略の立案などを担った。現代自はグローバルCOOについて、韓国以外の海外事業に責任を持つという。ムニョス氏は北米と中南米を統括する新設ポストにも就くとの事。

現代自の低迷は品質であるから、品質低下対応となる人材を補強しなければ、組織改革にはならない。デザインや販売戦略も重要だが、基本は開発設計と製造の間を取り持つ組織体となる品質部門の改革なくして、開発及び製造レベルは上昇しない。今後は特に電子回路部品或いはユニットが増えるわけで、それらの品質管理は不可欠であり、ノウハウを伴う。品質低下で低迷している現代自の本質を理解しないと、対応は無理となる。販売戦略だけが先行すれば、のちのクレーム多発は大損失でしかない。

関連記事

[ 2019年04月19日 15:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp