韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンの折り畳みスマホ、壊れやすい?…数日で破損の記者レビューも

サムスンの折り畳みスマホ、壊れやすい?…数日で破損の記者レビューも

韓国サムスン電子の折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド」をめぐり、レビュー用端末を手にした一部の記者から、使用開始後数日で壊れたとの指摘が出ている。米ブルームバーグ通信のマーク・ガーマン記者は「レビュー端末が完全に壊れた。わずか2日で使用不能になった」と説明。保護フィルムを外したところスクリーンが破損したとして、その画像をツイッターに投稿した。

米メディア「ザ・バージ」のディーター・ボーン氏は、端末の折り目に欠陥があり「小さな膨らみ」ができたと主張している。このほか、画面が常時ちらついているとの指摘もある。サムスンは17日、ギャラクシーフォールドがウェブサイト上で売り切れたと発表した。ただ、実際に何台売れたのかは明らかにしていない。米国ではAT&TとTモバイルで26日から入手可能になるが、レビュー用端末の問題が予約販売に影響を与えるかどうか、現時点では不明だ。

サムスンからのコメントは得られていない。ギャラクシーフォールドは折り畳んだ状態では4.6インチだが、開くと7.3インチのタブレットになる。値段は1980ドル(約22万円)で、基本ソフト(OS)にはアンドロイド9.0を搭載。色は黒、シルバー、緑、青の4色を取りそろえる。

スポンサードリンク
サムスンは2月の報道陣向けイベントでギャラクシーフォールドを発表。販売や革新的な新機能といった点で停滞感がみえるスマホ市場で、リスクを取ろうとする姿勢に対し、アナリストや愛好家からは称賛の声が上がっていた。
https://www.cnn.co.jp/

2019-04-20-k001.jpg

Galaxy Foldを20万回折り曲げる耐久性テストを実施している。1日100回折り曲げした場合でも最低5年はトラブルなく使えることになる。ヒンジ部分はもちろん、ディスプレイの表示や外観にも変化はないという結果になった。先日Samsungが公開した、Galaxy Foldの耐久性能を計る内容のテストの動画で、Galaxy Foldの高い耐久性(折り曲げのみ)が明らかとなり話題となった。

実使用となると写真の様に同じ位置で、同じ負荷では開かない。人間の動作分析を理解していない。様々な開閉の仕方を分析し、それを実施して評価するべきである。昔一眼レフカメラの製造の耐久テストとなると人間が実施したものだ。これは時間がかかり無駄な様だが、テストする人材は訓練された品質管理部門のプロであるから、様々な位置でシャッターを切る。設計或いは製造の問題を明確にするためのテストは、カメラメーカーなら必ず試作時に評価している。今頃冶具で評価し公表しても、意味は無い。

人間工学を理解しないと、検査冶具も設計できないし、そもそも初めての製品となるとアブノーマル試験で必ず引っかかるものである。その評価は人間が実施したほうが早い。その評価を経て、設計変更を行い、再評価後を経て、自動機への移行を実施し、量産試験に取り入れる。

関連記事

[ 2019年04月20日 12:38 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp