韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮 経済発展戦略の全容判明「脱中国依存」 露と関係強化

北朝鮮 経済発展戦略の全容判明「脱中国依存」 露と関係強化

北朝鮮の経済戦略や目標を記した「国家経済発展戦略(2016~20年)」の全容が判明した。技術開発や貿易多角化により年平均8%の経済成長を目標に掲げるほか、経済面での中国依存から脱するためにロシアなどとの経済関係を強化すると明記している。いずれも経済制裁が維持されたままでは困難で、金正恩朝鮮労働党委員長が2月の米朝首脳会談でトランプ米大統領に制裁解除を強く要求し、また今月下旬にプーチン露大統領と会談する背景に、この発展戦略があるとみられる。

北朝鮮が極秘指定する「国家経済発展戦略」と、その方針に基づき今年の課題を示した1月21日付の文書「内閣決定第2号」を、韓国通信社ニューシス元東京特派員で北朝鮮研究者の趙允英(チョユニョン)氏が入手した。発展戦略は16年5月の第7次朝鮮労働党大会で提示されたが、詳細な内容や数値目標は公表されていなかった。 発展戦略は全157ページ。北朝鮮経済の現状について、電力や石炭の生産水準が低く、食糧や生活必需品も国内需要を満たせていないと指摘。その上で「経済発展戦略実現のための対策」として、技術開発、貿易多角化、そして事実上の経済改革を意味する「新たな経済管理方法の全面導入」の3点を挙げた。

スポンサードリンク
特に貿易多角化では、「中国一辺倒から脱し、対外貿易の方向をロシアと東南アジア、中東など各国へと拡大する」との目標を掲げた。中でもロシアとの貿易額は20年には10億ドル(約1100億円)に引き上げるという。韓国側統計では17年の露朝貿易額は7784万ドルで10倍以上を目指していることになる。
https://mainichi.jp/articles/

制裁解除の見通しは立たないまま。ロシアへの接近の背景には、深刻化する食料事情など経済難があるとの見方が多い。20日付の党機関紙、労働新聞は平壌をはじめ全国各地で19日に「自力更生」を訴える市民集会が開かれたと報じている。経済的に見ても、北朝鮮との深いつながりを有する中国とは異なり、北朝鮮の貿易総額に占めるロシアのシェアは3%にすぎない。ただし、中国から北朝鮮に輸出されている原油の一部はロシア産ともいわれる。こうしたシャドー経済を含めると実際の経済的利害関係は変わってくる可能性がある。

一方で、北朝鮮の非核化をロシアがどう取り扱うか、ロシアの姿勢は現在の延長線上にとどまるとの見方が強い。北朝鮮の核や長距離ミサイルを破棄ではなく凍結させる代わりに、東アジアにおける米軍のプレゼンス縮小やミサイル防衛システム配備の撤回など、北朝鮮の体制保証の名目でロシアに有利な取引条件を提案してくる可能性もある。ロシアの思惑と米国の思惑さらに中国の思惑と日本の周りは思惑のぶつかり合いとなりそうだ。

関連記事

[ 2019年04月21日 09:23 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp