韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自、「スマホで電気自動車の性能調整」を世界初開発

現代自、「スマホで電気自動車の性能調整」を世界初開発

現代・起亜(ヒョンデ・キア)自動車が、モバイル機器で電気自動車の性能や走行効率などを調節できるモバイル基盤のチューンアップ(調律)」技術を世界で初めて開発したと、22日明らかにした。

チューンアップ技術を適用すれば、運転者はスマートフォンやタブレットPCで電気自動車の加速力、減速力、最高速度の制限、冷・暖房エネルギーなど7種類の車両性能を一定の範囲で変えることができる。従来は、特定走行モードを選択すれば、車両のすべての性能が一括して調整されたが、モバイル基盤のチューンアップ技術を通じて詳細をそれぞれ異なるように調整することで、個人個人のカスタム設定を行うことができる。

また、運転者が車のカーナビで目的地を設定すれば、バッテリの放電無しに到着できるように、残りの距離と電力量を計算して最適状態で性能を調整する機能も盛り込まれている。運転者同士がモバイルコミュニティで設定を共有しながら、新たな試みを行うこともできる。

スポンサードリンク
現代・起亜自動車がチューンアップ技術を開発したのは、車両共有(カーシェアリング)市場の成長可能性が高い状況の中、運転者がそれぞれ異なる車両を借りても、お馴染みの設定をすぐに適用させるなど、自動車を個人カスタム型「スマートデバイス」の形で具現するためだ。運転者がパーソナライズされた設定をサーバーにアップロードして共有する過程で、ハッキングなどのセキュリティ問題が起こらないようにブロックチェーン(分散型台帳技術)も適用した。個人情報を暗号化後、分散して保存するため、ハッキングなどの攻撃は事実上不可能だというのが会社側の説明だ。
http://japanese.donga.com/

記事では、従来は、特定走行モードを選択すれば、車両のすべての性能が一括して調整されたが、モバイル基盤のチューンアップ技術を通じて詳細をそれぞれ異なるように調整することで、個人個人のカスタム設定を行うことができるというが、世界初であれ何であれ不要なものだろうと思うが…。自動化に逆こうするようでは問題となる。走行モードなどは、体調を検知し、自動で対応するモードがあればそれでよいと思うが…。そもそもスマホを見ながら運転中に調整することが無いように、事故につながらないように徹底する事のほうが重要となる。最初に細かく設定する事のほうが面倒に感じる。

関連記事

[ 2019年04月23日 09:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp